ご挨拶とWF2017w レポ12017/02/20 23:43

ワンフェスでは多くのお客様に来て、見て、買っていただいて、喜びと感謝に尽きません。ありがとうございました。やや物足りないところは否めなかったと思いますが、それでも多くの方が来て下さり、ひとえにやってよかったと思います。あらかじめ次の方針を出しておきますと、新商品の割合をぐっと増やします。レギュラー品も売れ筋のものは出しますが、新商品を充実させ、これから先も新しい楽しみを提案していきます。今回は小物が予定数出せませんでしたが、その分作り置きが多く発生しており、小物も充実させるつもりです。次にご期待ください。

今日は一日休んでおりました。そこそこ疲れている感じです。でも、2月に入ってろくに休みも取らずに働き続けだし、最後の一週間は毎晩のように3時だったし、一日休むことは必要だと考えました。そんなところですので、まずは前日搬入の様子からレポしていきたいと思います。

毎度のごとく、うちでは前日搬入を行っています。物量が多いと設営だけでも時間がかかります。前日搬入は16時30分から19時30分までです。当日は8時少し前に来ることを考えると、設営時間は5時間はあるわけですが、決して余裕はありません。今回の前日搬入は会場入りできたのが17時少し前と、30分出遅れました。やることがなかなか終わらず、出発に遅れました。より有効な時間の使い方が求められます。
今回の物量、かなりぎりぎりでした。床と壁のセットが増えてから、小型のダンボールが3箱増え、それが純粋な増分です。卓上の配置を考えている時点から、卓上すらぎりぎりでしたので、荷物も手一杯です。
我々はこの車がなかったら終わっているなと、つくづく思わされます。過去一度、あの2014年大雪のワンフェスのときだけ、この車では行きませんでした。雪用の装備がなくて、もう一台の方で行かざるをえなかったのです。その時は入る荷物の量が少なかったため、次の日も荷物を多く抱えていくこととなり、とても大変でした。
世間的には珍しい形状をしている車です。ワゴンではなく、クーペスタイルなのにドアは4枚で、ハッチバックです。このサイズのセダンとしては、当時これ以上トランク容量の多い車はありませんでした。いや、この商売を始めるために買ったんじゃないですよ。たまたまそうなっただけです。おかげで荷物はたっぷり積めます。後部座席をひとつだけ残して倒し、トランクと貫通させた空間を作って入れます。気をつけたいのがワゴンと違い、高さ制限が後ろに行くほど下がることです。棚が斜めに入っています。このように入れないと、ふたができなくなるのです。

そもそもなぜ前日搬入するのかと言いますと、前日搬入は席のところまで車が持ってこられます。荷物が大量にあると、運ぶだけでも一苦労ですが、車を席につけられればその心配はありません。これが当日、朝早く車で搬入した場合、車は会場の外、待機列ができる場所までしか入れません。わずかな距離のようでも、二人がかりでないと運べないダンボールひとつあるだけで、その労力は非常に大きくなります。それに、当日搬入だけて終わらせるには、朝を相当早く出ることとなり、それも負担です。これを考えるなら、前日のうちに荷物を入れてしまった方が、当日入れるよりもずっと楽なのです。ちなみに自宅から会場までの距離は車で約30分で、近いなら余計に前日に来る方が楽です。
搬入を終えて、帰る時はこうなります。作業は分担し、私はとにかく棚の組み立てをします。小物の棚は組み立てて持ってきますが、他の棚は組み立てると車に乗りません。手間のかかるのは衣料部で使う網棚で、棚の組み立て、網の固定、看板の取り付けが待っています。もちろん電動ドライバーを持ち込んでの作業です。ものすごく現場感が漂います。
棚の組み立ての一方では、商品の陳列を行います。以前は陳列用のケースだけを並べて帰っていましたが、当日すべて並べるには作業負担が多すぎるため、昨年から並べられるものは並べることにしました。また、運ぶときに、陳列用ケースに商品を入れた状態にして運びます。卓上配置は一週間くらいかけて準備しますが、このとき商品を陳列用ケースに入れ、本当に入りきるのか、取るのに無理がないか検証します。終わったら、そのままダンボールに入れてしまいます。
どうしようもないのは値札で、値札をケースにつけた状態では、値札が取れてしまうため運べません。この値札つけが、前日搬入の大きな仕事です。商品数が多いほど値札の数は増えますから、現状この作業はかなりの量になります。今回から、家具もすべて陳列方式になりました。家具の値札も発生し、いかに手際よく、時間を意識しながら作業できるかが勝負です。
また、防犯上危険なものは並べません。新聞をかけておくのも防犯のためです。たかが新聞ですが、これがあれば新聞をどけなければ物は盗れず、次の日に周囲の人目のある場所では、防犯効果が期待できます。それに、そこに商品が並んでいることをわからなくするだけで防犯です。小物のお皿も並べません。万が一落とされてしまえば、割れて大変なことになります。フィギュアやドールの陳列も避けます。うちにとっては何よりの貴重品で、野ざらしにはできません。
こうして前日搬入は終わります。忘れ物があれば、メモをして、なおかつ情報を共有します。ひとりだけわかっているということにしません。今回は家具とドール見本の棚の裏に貼る紙を忘れました。棚だけは組んでおき、紙は次の日持ってきて貼るよう、しっかり準備をしておきます。前日搬入の出来が、当日朝の準備にも関わり、開場時間に始められるかまで関わります。とても重要な仕事です。しかし、ディーラーを始めて以来のことですから、積み重ねたノウハウがあります。これも慣れと工夫です。

コメント

_ 爪の垢を飲ませてやりたい...な 「そ」 ― 2017/02/21 19:26

 ふむふむなるほど....あの「やたら目立つ看板」というか案内板は前日に組み立ててるのね....

朝8時前から並んでいる我々には到底想像も尽きませんが、並んでいる方からすると、9時過ぎに列のど真ん中に「はいはいゴメンナサイヨ(・∀・)」ってカートで突っ切っていくディーラーはちょっと殺意すら覚えます..

並んでいる方は朝8時過ぎたらおしっこもできません(´Д⊂....まぁおいらはそういう状況に対応する体に調教されましたが...さすがにこの歳ではちょっと堪える寒さでしたね....

_ きしもとまさき ― 2017/02/22 21:23

看板は長いものですから、周囲に人がいると組み立てできません。前日搬入するディーラーは、ひとつの島にひとつかふたつ程度でして、これくらいなら問題ありません。崩すときは、周囲が撤退してから行います。
最初に参加したワンフェスは前日搬入しなかったため、割り行って入りましたが、正直あれはやりにくいです。大きな荷物では通れません。恨まれても仕方のないような場所です。
あの待機列ではトイレもいけないし、本当に大変だと思います。用意のいい人は小さないすまで用意しているのをみて驚きました。私はこの時期でも外作業が多く、寒さには慣れていますが、それでもあそこで何時間も粘る気にはなれません。お客様は本当にご足労様ですと思いますよ。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
Spam書き込み対策のための処置です。ここの管理人の名前をひらがな7文字で答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tampopo.asablo.jp/blog/2017/02/20/8371002/tb