オビツろいど化 重量級編2017/12/15 23:26

衣料部より新商品の紹介をさっさとやれとの注文が来ております。いや、そのためにはまず大和守安定ねんどろいどをオビツろいど化する必要があります。旧来使っていた物吉ジョイントでは接続できないことが発覚して以降、新しい接続方法が模索されておりました。いい加減やらないと限界になりまして、やります。
ちら見せで新しい服を見せますが、これはまたちゃんと写真を撮ります。ひとまずこうして頭が乗りました。いい感じでしょう。頭はねんどろいどこーでの頭を使い、小物の刀は純正ねんどろいど安定くんから持ってきました。ちなみに、頭はこーでと純正安定くんでは、髪の色や顔が若干違います。こーではアニメの花丸ベースのためです。
これがオビツろいど化するためのジョイントです。以前の物吉ジョイントを進化させ、ぐらつきを少なく設計し、髪の重さにも耐えられるようにしました。思った以上に使えるので、物吉ジョイントも新しく作り直そうと思います。
さて、これだけ見るとやっつけ仕事のようで、ちゃんと考えられております。材料はプラモのランナーと瞬間接着剤だけです。特徴的なのは平たい板です。ここは顔のパーツに引っ掛ける重要なところです。それと、ランナーはどこのプラモ会社のものを使うかも重要で、以前はタミヤを使いましたが、今回はバンダイを使いました。バンダイはオビツ11側の軸とぴったり合いました。何気にバンダイは使えます。
使い方は、まず板のない方を後ろ髪に挿します。これがそのままだと入らないため、ランナーを少し削ってあります。さきほどの拡大写真で、完全な丸棒になっていないことが確認できるでしょう。
わかりやすいよう、中途半端に顔を入れています。このように顔を入れると、平たい板が顔の内側に入り、頭が後ろにひっくり返るのを防ぎます。物吉ジョイントにはこれがなかったため、ぐらつきが大きく、頭が重いと後ろに倒れてしまう欠点がありました。物吉ジョイントもこのタイプに変更します。
丸棒にそのまま平板をつけると、接着面積が狭すぎて取れます。接着前に丸棒を削り、平面を増やして接着力を増しています。無理をかけなければ取れることはありません。板にしたのは、幅広にして安定度を増すためです。この板もランナーから取りました。
このように、かちっとはめ込むと、ぐらつくことなく軸が出て、これをオビツ11の首の穴に入れればいいだけ・・・に思えますが、軸の周囲に何かついています。これは、首周囲にできる空間を埋めるためのものです。実はオビツ11は、軸を挿してもぐらぐらします。これを抑えるため、首の周囲にできる空間を少しでも狭くします。ここには隙間を埋めるため、適当にランナーを貼り付けて整形しました。ないより効果が認められます。この方法で完全にぐらつきをなくすことはできません。
オビツ11は、首がある胸から首のパーツは、挟みこみ形式です。これが、カチっとはまっていません。ややゆるめで、多少の隙間があります。遊びというやつです。実はこれが軸をぐらつかせる根本の原因になっています。この隙間ができないよう、指でがっちり押さえ込むと、首の軸も安定します。つまり、首の軸が隙間を埋めてもぐらつくのは、オビツ11側のパーツの隙間のせいなのです。なぜ隙間があるのか、と言えば、超精度の整形ができてないためだと思われます。オビツは玩具メーカー寄りで、プラモメーカーとはやっぱり違います。
オビツ11は関節パーツが微妙な精度で設計されていて、成形がうまくいかないと関節が固くなる、もしくはゆるくなります。成形による誤差を埋めるため、あらかじめ挟み込むパーツに遊びを持たせて調整していると思われます。この遊びが、単純に軸形式で首を固定したとき、若干のぐらつきが出る原因になります。簡単なのは、ジョイントをボディに接着してしまうことです。常にオビツろいどにしておくなら問題ありません。ただ、うちの場合は、オビツ11用ドールヘッドも使う都合、接着できないのです。また、この方法では簡単に首が抜けます。軸が抜けないよう、引っ掛かりをつけることもできます。うちでは簡単に抜ける方がむしろ便利なため、こうしています。
首が抜けないようにするには、軸を接着してしまう以外に、軸の先端に引っかかりをつけるだけで大丈夫です。最初から付いているオビツ用汎用ドール首軸は、抜けないように引っ掛かりがついています。それと同じものをつけてやればよいだけです。

そもそもこの方法は、プラモを作っている人じゃないと、一般的とは言えません。材料は特殊ながら方法としては簡単なので、おすすめできます。プラモのランナーだけ簡単に手に入れる方法もあります。プラモのパーツをばら売りしている、Yellow Submarine に行ってみましょう。Y-Sub は多くの店でパーツのばら売りをしています。ランナーから外した状態で売っているため、その時在庫があればランナーだけ譲ってくれます。やすりや接着剤はさすがに自分で用意してくださいね。

蒔絵シールを貼る2017/10/12 17:19

以前、期間限定の刀剣乱舞SHOPへ行ってきたときに、蒔絵シールを買ってきました。それぞれ、刀剣男子ごとの紋のシールで、けっこうな種類があります。全員分に近い数はあるのではないでしょうか。
このシールは転写式で、上からこすって貼り付けると、蒔絵のような仕上がりになります。で、これを3DS用に買ってきて、貼るのは難しそうだな~と放置しておりましたが、ドールショウも終わって気分的に一区切りついたところで、勇気を持って貼ることにしました。一発500円ですからね、失敗はできません。がんばってやります。
まず下準備として、3DSをきれいにします。食器用洗剤と水を含ませた布で油分を完全に落とし、乾拭きします。その後、シールを貼る場所は障らないよう気をつけます。おそらく細い形状のものほど貼るのは難しいと思います。私が貼るのは膝丸です。
必要な道具、いや、あると便利な道具といいますが、小さい差し金とトーンヘラです。差し金は位置合わせに使い、トーンヘラでこするのです。トーンヘラなんて、アナログで漫画かく人間しか持ってなさそうです。私は紙を貼るときに使ったりしています。押さえる面が曲面になっていて、傷をつけることがなく、角は薄くなっており、細かいところまで押さえられます。代用品は、アイスの棒と楊枝でしょう。
シールを台紙から取ると、裏はつるつるです。透明でわかりにくいですが、2枚の透明フィルムに挟まれて蒔絵シールが入っています。まずはその状態で、位置合わせのリハーサルをします。差し金で垂直を取ります。今回はシールの幅と3DSのカメラの位置がほぼ同じで、中央を取るのは簡単でした。問題はここからです。

粘着面の透明フィルムをはがします。するとシールになっていますので、くれぐれも蒔絵を触らないよう、差し金を使って垂直を合わせます・・・が、粘着力が強すぎて、くっつけてからちょっと動かすこともできません。位置合わせは端を貼ってはがしての微調整です。理想の位置まで、何度も合わせます。透明な部分は後で取ってしまいますから、汚れようがかまいません。
位置が合ったら、全体をしわにならないよう、ぴたっと貼り合わせます。それを上からトーンヘラでごしごしこすり、押し付けて貼っていきます。見た目では貼れているかわかりませんので、万遍なくこすります。大事なのは力です。ちょっと押し付けるくらいでは、くっつきません。表面の透明フィルムは厚めで強度もあり、簡単に破れる物ではないです。遠慮なく、思いっきりというくらいこすります。ぐいぐい押し込むレベルです。説明では爪でこすると書いてますが、爪ではかなりつらいです。それくらい力をかけます。だからアイスの棒でもあれば、かなり活躍するでしょう。
シールには、金色の周囲に若干の透明部分が残ります。そこも密着させるため、金の周囲を楊枝でこすって密着させます。楊枝は先を少し削っておいた方が、フィルムを突き刺すことなく済みそうです。

密着したなと思ったら、いよいよ透明のシールをゆっくりはがしていきます。説明によると、横方向からはがすとあります。蒔絵が密着しているか、確認しながらゆっくりはがします。くっついていない部分があると、その部分だけ切れて透明シール側に残ってしまいます。そうなっていたら元に戻し、密着していない部分を再びこすり、またゆっくりはがします。シールが切れてしまっていても、再び密着させれば跡は残りません。くっつくまで何度もやります。とにかく根性です。
やがては全体をはがせます。透明シールののりが残った場合は、透明シールでぺたぺたすれば、きれいに取れます。最後は、金の周りの透明部分が浮いていないかチェックし、浮いている場合は楊枝でやさしくなでて密着させます。
これにて全工程終了です。3DSのように持ち運ぶものは、裸で持ち運ばない方がいいでしょう。袋に入れないと、シールに傷が入りそうです。正直、貼るのは気を使って、ものすごく面倒ですが、この質感は満足度高いです。最初は500円って結構するなと思いながら、貼れば買ってよかったと思いました。

エアブラシ日和の冬2017/02/04 23:27

やることが山のように残っております。どこまで終わるのでしょうか。終わるところが終点ではありますが、それにしてもこの状況は厳しいです。かといえ、体も動ける範囲に限界があります。そもそも、この時期になっても商品情報が何も上がってないのもおかしいでしょう。そういう準備にまわっていないからです。まずいな、やらないとまずいな。明日から少しそのあたりも考えますかね。
ええ、ミクダヨーを直しました。ワンフェス後に直すつもりでしたが、あまりにその傷つきようがかわいそうで、早くに直そうと思いました。ワンフェスでも使いますから、いずれこの時期にやってもよかったと思います。前髪に7箇所ほどハゲがありまして、そこを軽くやすりでならした後、よく似た色を作って部分塗装します。これがね、全部のパーツを塗るならいいんですけど、前髪の一部を塗るだけとなると、色の差ができないようにせねばならんのです。若干明度が低いのですが、差は5%もないレベルで、直したと言わなければまずわからないレベルに完成しました。シャドウ部分にはシャドウで直しました。もうね、これだけで時間を予定外に使ってしまいましたよ。普段ならこれでひとつの記事になるくらい多くのことをしておりますが、ワンフェスが近い手前、この話題はこの程度にします。
季節感あるアイテムがほしく、焼きいもを作っております。何度も作っているアイテムですが、前回のものは非常に小さく、我ながら失敗しました。今度は大きく作りまして、紙も巻こうかと思います。そんな爆発的に売れるものでもなく、数は少なめです。まぁ、季節感は重要ですからね。
つまり今日は暖かかったため、エアブラシをしていたのでした。どらに焼きが入っております。あみあみ様で小物を出した際に、余った分も含めると、けっこうな数作っていました。その分作業量が多く、一日では終わりませんでした。うーん、ミクダヨーをやっていなければ終わっていたんですが、それはそういうものです。引き続き、天候を見ながらできる日にやります。湯呑みも作ってあるのですが、そちらの塗装準備ができていません。そういうのもあるんで、エアブラシはまだまだ使います。
皿がやっと上がり、カレーの製作に入りました。カレーは乾燥時間が長く、きっちり予定を組まないと仕上がりません。人気アイテムのため、残り少ない期間でもきっちり作りたいのです。まずはごはんの下地を作りました。ここの乾燥が最も長く、それさえ超えれば作業は次々入ります。乾燥の必要なものは、なるべく早く押さえておくことが重要です。
せんべいも、作ってあって塗ってないんですよ。まずは一度塗りです。今日はエアブラシの作業がきつく、疲れてここまで。なんか、規格外のせんべいがあるようですが、これは試作で作ったものです。残しておいてもしょうがないので、今回売ってしまいます。

いやぁ、きついなぁ。やばいなぁ。どこまでいけるんだろう。

物吉貞宗 オビツろいど2016/12/13 23:22

物吉貞宗ねんどろいどをオビツろいどにしよう ! と、いきまいていたくせに、当初の計画通りに行かず、二時間くらい苦戦してオビツろいどになりました。まずは完成したものがこちらです。
頭の位置はどれくらいがよいのか、ここは重要です。首もぐらぐらしやすいのをいかに防ぐか、この二点が完成度の真髄でしょう。服を着ることになるので、首は短すぎず、かといえ付け根が目立たないようにします。長さの調整は簡単なのですが、ぐらつきを抑える調整は大変でした。では具体的にどうしているのか見てみましょう。
まず、物吉貞宗ねんどろいどは、頭の構成がこうなっております。首関節が独立している、初音ミク Ver.2 以降のタイプです。当初は関節軸を抜き取り、そこに貫通軸を設けて固定する予定でしたが、関節軸が外せません。一応、少しは押し出せたものの、まったく動かず。そもそも、ひねることすらできない固い軸でした。となると、別の方法が必要です。オビツ11のボディを削らない方針ですので、新しい関節構造を作ることになります。あらかじめ、オビツ11についている首の汎用軸は外しておきます。これはボディを力技で開けば外せます。
主役となるのがこのパーツ。ええ、この時点でモデラーでないと厳しいのですが、原理としては使えると思います。つまり、同じような形のパーツを作れば首を固定できるわけです。
見ての通り、プラモのランナーを切って作りました。髪にはめこむ部分は、このままでは太いため、やすりで少し削ってあります。対してボディに入れる軸は、このままでは細いため、テープを貼って太くします。ポイントは、首の軸が動かないよう、ぴったりの太さに調整することです。ここが細いと、首がぐらぐらします。パーツの長さは、切っては入れてみてを繰り返し、微調整しました。もちろん、最初に首関節パーツと合わせながら、ある程度当たりをつけました。切っていきなり短かったでは困りますからね。
で、このパーツを後ろ髪の首の部分に入れます。ある程度きつめに入るようにしておくと、パーツの安定性が増します。削りすぎてゆるくなってしまっても、瞬間接着剤で盛れば調整可能です。と、こうして顔のパーツを入れますと・・・。
ぴったり入るんですね。これでパーツの形の意味がわかると思います。少しだけ出ていた部分は、顔と軸のすきまを埋めて、軸がぶれないよう固定する役割があります。ここが長すぎると顔がぴったり入りません。これも微調整で、少しずつ短くします。
あとは前髪もつけて、オビツ11に挿すだけです。首がつくと重くなり、軸ぶれが起きやすいため、首をつけてからも軸の太さを調整しましょう。若干動きはありますが、うまくやれば前を向いて首が固定するはずです。テープでの調整がやりにくいと感じたら、瞬間接着剤での調整もよいと思います。時間はかかりますが、この方が確実性があります。テープだと劣化もしますし、完成度を高めるなら瞬間接着剤です。

調整がやや面倒ですが、これならねんどろいどとオビツろいどの入れ替えもすぐにできます。欠点は首が強固に固定されていないため、安定はしているけど抜けやすいことでしょう。もちろん、更なる加工で抜け落ち防止もできますが、うちの場合は服飾モデルとしての利用が中心なので、逆に首が抜けないと苦労します。
モデラーでないと難しい方法ですが、応用できると思うので提案してみました。