痛みと戦いながら2017/09/27 23:31

指が、指が痛い・・・。悲しいけれど、またみかん作っているのよね。
ドールショウでちゃぶ台を売る、なおかつ、委託用の補充も考えると、今持っているみかんではもしかしたら足りない可能性があります。数えればいいんですけど、どうせあみあみ様へ出す分も考えると、今一番必要な小物はみかんです。ということで、ひたすらみかんを作る人生なのでした。穴あけはこんな風にやっております。もう何度も同じような記事を書いている予感がします。いや、書いているな。
このように、箱に入れた状態でやります。作業箱になっていて、このまま持ち運んで、やるときに持ってくるようになっています。穴を開けるときにピンバイスが滑りやすいため、滑って変なところに穴を開けないよう、板の上でやります。もう伝統です。箱でやる利点は、穴を開けたときにかすが出るのを簡単に集めて捨てられるのと、みかんが転がったときに、どこかへ飛んで行ってしまわないようにするためです。
やすりはここ最近ずっと、曲面に対応している非常に柔らかいものを使っています。使い始めたのはこの最近のみかんです。高いやすりなんですけど、みかんのように小さくて固いものは、こうしたやすりが便利です。編み目タイプのものもやわらかくていいんですけど、それ以上にこちらの方が柔軟です。スポンジやすりはコストと使い勝手が合いません。みかんは固くて、本当にやすりがよく減るんですよ。
指が限界に来て、今日はここで終了しました。みかんは指の痛みとの戦いです。固いものを指先だけでぐっと押さえていると、どうしても指にきます。肉体にくる小物はきついです。

りんごあめの色2017/07/05 23:41

りんごあめの、りんごの色を毎度よく考えます。あんずあめに見えなくもない、というのもちょっと困るし、あまり鮮やかな赤もちょっと困ります。しかしこの大きさでは、りんごあめと主張すればりんごあめ、あんずあめと主張すればあんずあめになるもので、深く考えすぎない方が利口です。
いろいろやり方を考えた結果、ファレホでやるのが簡単で、色も出しやすいと考えました。以前は下地の色を濃くして、エナメルの赤と白を混ぜながら、適度に色の変化を加える面倒なやり方をしていました。これは結構いいりんご感が出るけれど、作業がとてもやりにくく、以降なるべく簡単になるよう考えています。で、今回のファレホは、筆塗りなら水性の方がラッカーより乾燥が遅く、伸びも良いのでやりやすいことから使いました。混色も楽です。水性アクリジョンは下地の色が出やすく、色によって隠ぺい力に大きな差があり、同じ水性でも使い勝手が少し違います。もうりんごは一色で全部均一に仕上げるつもりでいたので、ファレホを選びました。何気にファレホは重要な地位を占めます。粘土に混ぜることもでき、発色が強く、小物作りには欠かせません。最近はUソファにも使います。
で、なんとかりんごに色をつけました。これからはあめをつける作業に移りつつ、たこ焼きの仕上げをしていきます。フランクフルトが手付かずだった・・・。先にこっちかな。

色の濃いチョコチップ2017/06/28 23:36

色が濃すぎることは重々承知でございますが、小さいものに粉としてつけるなら濃くてもそんなに問題ないかと、まぁ適当な認識で作ったのがこちらです。
色の粉、三色。これがチョコチップとなり、チョコバナナにつくのです。今までは色つきの砂を使ってきました。ただこれだと、色がはっきり出にくく、今回から素材を変えました。要はいつも米として使っているものです。砂は半透明くらいのため、色がわかりにくい、ならば完全に不透明なこれに色をつければ目立つだろうと、米の粉に色をつけたのでした。単純に絵の具を混ぜて一日乾燥させただけなんですけどね。これでも実用に耐えうる着色ができるのです。
このままだと色が濃いですので、白の粉も混ぜて、相対的に薄くします。何の解決にもなってないように見えますが、白の中にたまに色があるのと、濃い色しかないものでは印象が違うでしょう。青がちょっとやばいかな・・・水でもう少し薄めればよかったですね。ま、最終的な印象はバナナにつけてから決まります。
バナナにつけるとこうなりました。砂を使っていたころより明らかに発色がよく、かなり好印象です。青が濃いのはやっぱり変わりません・・・。でも、青ばっかりあれば困るけれど、こうして相対的に薄めてしまえば、そんな大きな問題でないことがわかります。まんずこの数の多さにやられました。乾燥を待って、最後にもう一度固定のための樹脂を入れるか考えます。毎度はだいたい、一発でくっついてくれます。

バナナが多すぎ2017/06/20 23:56

今日は朝からおなかの調子が悪くて、ひどく消耗しました。外での作業はこの体調では無理のために中止し、ある程度おなかが落ち着いて・・・ってほどでもないですけれど、何とか小物を進めました。
こうして見るとそんなに数もないように見えます。しかしまぁ、穴を開けて真ちゅう線に刺すだけでも一時間以上かかります。チョコを塗るのに90分くらいですかね。チョコは二度塗りが必要で、一回に90分ってのは大きいですよ。作り過ぎた感あります。混色の必要な材料は最初が目分量で、全部使い切りになるまで作ります。数が多くなることもあり、これはもういつものことです。チョコバナナの人気を考えればこれだけあっても問題はないんですが、こればっかりに時間を食われるのも心が折れます。チョコ一回目は神経を使って、あまり長時間できません。これぐらいが限度ですかね。
りんごあめも進めねばなりません。赤の色をどう出すか、かなり考えています。これがまた厄介な色なんですよ。白を微妙に混ぜながら単一にならないよう塗るのも大変です。大変だけど、やるしかないです。ああぅ。