ぐでたま 大きめ2017/07/17 21:44

人はなぜ、ぐでを頼り、ぐでを望むのか。ぐでの先に見るものは何なのか。
高さ55mmのずっしりとしたその感覚は、私の想像をはるかに超え、存在感そのものである。今までに、ここまで哲学的なタマゴの黄身があっただろうか。タマゴの形は、今も人々を魅了し続けている。ぐでは殻に包まれたタマゴではない。タマゴの中身、黄身の部分だ。その変幻自在となった黄身に、我々は新たな魅力を見出している。

ということで、Figure ARTs ZERO のぐでたまです。二種類ありまして、お座りの方を買いました。食玩のぐでは種類が多いものの、このサイズとなると、ありそうでありませんでした。立体物としての完成度をより楽しむためのぐでで、ぬかりなき造形の質はなかなかです。こういう単純な形のものほど、しっかり作らないと違和感が出ます。
殻はただの器ではありません。ぐでにおける様々なスタイルの再現を求めたものです。まずはこのような使い方。安泰を求めるスタイルで、ぐでの大事なひとつのあり方です。殻につつまれた安心感は、居心地の良い場所を常に求め続けます。
現実逃避スタイルもできます。これをやるために、専用の固定具を使います。微妙な浮きがないと、深くかぶりすぎて、再現性が悪いという判断でしょう。シンプルゆえ、こういうところは本当にしっかりしています。何となくこうできる、じゃなくて、ちゃんと元の絵があるんですよ。ひたすらぐでを買い集めていますからね。
適度で上品なおしりの再現もよいです。微妙に見える感じは、角度によって哀愁を引き立てます。

総じてぐでたま感を実に精巧に引き出している、とても完成度の高いフィギュアです。その割にはお買い得なので、ぜひとも手に入れてその質を堪能してください。

ぐでトミカ2017/07/15 23:11

今のトミカは何でもありで、旅客船から仮想の乗り物まで、ミニカーというか、カーじゃないものがたくさん出ています。ではトミカをトミカとしているものは一体何でしょうか。
買った品が届きました。あみあみ様では最後の一個だったようで、私が買ったら在庫切れになりました。でも、どこかの店頭に行けば、トミカならありそうですけどね。ぐでトミカです。これももはや、無理矢理ぐでにした感がたっぷりですが、喜んで買う人がいます。トミカは小さくてコレクションにはいいんですよ。気軽に買えて、ちょっといじりたい時に触って動かして、おもちゃとしての楽しみがあります。
どこがトミカと言えば、タマゴの殻がちゃんと金属でできています。トミカは基本部分が金属製でなければなりません。車しかなかった時代のトミカのよさは、金属製で丈夫、適度な重さと質感、そのうえ安いということです。ミニカーを買わない人は知らないと思いますが、トミカと同じような、1/43サイズのミニカーだと、精巧なものは4000円から7000円とか、それ以上する場合もありまして、標準的な大きさと作りのトミカは500円しないわけですから、その異常な安さがわかることでしょう。もちろん、高いものは模型として精巧に作られているのに、トミカはおもちゃとしての作りが重視されているため、細部は期待せず、形も大雑把ではあります。つまりは、コレクション模型より、子供がガンガン使って遊べるおもちゃです。最近はコレクション向けの精巧なトミカも出てきていますが、それはトミカで育った世代が大人になって、親になって、子供のためにトミカを見たら、あれあれ、いいのがあるじゃないと、そんな狙いでしょう。
ええ、ミニカーを語る場面ではありませんでした。ぐでトミカ。もうネタです。それ以上のものではありません。スケール感とかも関係なく、ぐでをトミカで楽しみたい人向けの商品です。
後姿の哀愁こそ、ぐでの真骨頂。おしりの形もしっかりしています。感心なのは、白味が軟質素材なことです。触るとふんわりやわらかく、白味らしさを強調しています。おもちゃとして遊ぶにはこういうところ、あまり凝る必要もないと思いますが、作っている大人とは、変に譲れないところが絶対出ます。

ぐでトミカ、ぜひともおひとつ手にとってくださいまし。

エセお得意様2017/07/07 23:23

今日は病院です。薬が昨日でちょうどなくなり、今日は絶対に行かねばなりません。他にもまわるところがたくさんありまして、なんだかお出かけ日和なのかな。
病院では深刻な状況を相談してきました。薬で対処できるところはそれで対処しておりますが、その上で生活をどうまわすかはとても重要な問題です。こういうことはいずれ公表せねばならぬかもしれません。とても楽な状況ではないですよ。というか、この状態でこのまま生活していくことはもう無理で、そんなところが次のワンフェスに参加しないところまで関わってきているのです。あまり病院の先生にも心配になるようなことはできません。
で、毎度の「お得意様限定」の新車案内が来ております。これには必ずプレゼントをもらえる権利が付いており、それを行使するのが大事です。向こうも、こいつ買う気ないなとわかっているのか、何も営業されません。でもいつもと違ったのは、油膜取りをしてきました。500円でできるサービスがあって、それを利用してきたのでした。ここ最近油膜取りをまじめにやってなくて、おかげでガラスに水分がつくと視界が極端に悪くなります。しかしこの真夏に油膜取りも大変な作業でして、いつもタダでものをもらっているのも難だし、油膜取りサービスを試してみました。ちょうど店が混んでいて、30分くらいかかりました。
終わってガラスがきれいになっていると思ったら、油膜取り用の洗剤の跡が残っているという、案外雑な作業にちょっとがっくりきましたが、全部のガラスをやってもらって500円なら破格です。店を出てからこっそりワイパーをかけて洗剤を流すと、おぉぉ、油膜は完璧に取れています。ワイパーだけでも油膜はわかります。今度はガラスコートも試してみるかな。ただ、問題も発覚しました。ガラスに割れ目が入っております。これ、以前直した場所だと思うんですけど、また劣化が進んだのか、再び割れ目として出てきました。一応、修理を薦められました。小さいながらも完全なひび割れですからなぁ。修理費用は21600円だそうです。おぃおぃ、もういや。車なんてそんなものよね。よく考えれば、これでよく前の車検通ったな・・・。ガラスに損傷があると、直さなければ車検は通らないのですよ。その時にもあったはずですが、この際細かいことは考えないことにしましょう。
千葉Tamにも行きました。不運なことに、目的のひとつが買えませんでした。ないと困るものです。印西でも買えます。ここで注文して届くのが先か、印西へ行くのが先かを考えると、印西が先になるでしょう。この材料については、自分が本来どういうものを作っていくべきなのか、考えさせられるものがあります。こういう課題と問題が山積みになっているのが現状です。

ミクかすてぃら2017/06/06 23:55

以前買ってきて、なかなか食べる機会がとれず、いい加減賞味期限も過ぎていることだし、今日は夕食早めのため、寝る前におなかがすくのを予防する意味でやっと食べました。
アキバのatre1にある文明堂で買ったやつです。期間限定のため、現在は買えません。おおお、このプリントされているのがまさに限定感あふれておりますよ。しかしどうしましょうね、絵があることで切るのにためらいます。切らずに全部食べろ、というにはちょっと大きすぎます。これをまずは4等分するわけですが、切りにくいです。どうしたらいいもんでしょう。もちろん、やるしかないのが結論です。
うむ、納得のいく切り方ができました。文明堂いいですなぁ、やっぱりいつ食べてもおいしいです。文明堂食べるの久しぶりかもしれません。最近舟和のお菓子はよく食べていました。ドールショウ帰りに買ってくるのです。祭りとかもありましたしね、そのときまた買って、舟和のあんこ玉やいもようかんを食べていたけれど、かすてぃらもたまにはいいです。これで寝る前におなかもすかないでしょう。夕飯が早いため、寝る前おなかがすくんですよ。分量もいいおやつでした。