GL26 レポ2017/05/15 23:25

Game Legend 26 のレポ・・・というより、そこから考えたことのまとめを中心に書こうと思います。今回は一般参加です。

ひとまず当日の流れですが、9時40分の電車で四街道を出ました。川口に着くと、会場の建物は駅の目の前にあります。すると、建物に向かう途中、ちょうどガラス張りになっている場所から入場待機列が見えました。予想していましたが、やっぱり今回も人が多いです。エスカレーターを上って会場に着くと、もう目の前が待機列になっているほど列が伸びていました。開場時間になっても人が中に入らず、そのうちフロアを埋め尽くすように行列が伸びていき、スタッフも足りなくて、半ばカオスでした。行列にはなっているけれど、ここには他にも役所とかが入っており、そこに来る人の道がふさがれてしまいます。お客が多いことはとても良いことですが、行列の管理はもう少ししっかり方法を作り、スタッフをそれに対応させないと、会場から苦情が来るのが心配です。もはやここ最近は、入場待機列が長蛇になることは普通であり、それに合わせた準備をしておくべきではと思います。並んでいるこちらとしても、これはまずいな、と思う状態は、あまり気持ちよくありません。
人が多すぎるため、入場制限をかけて少しずつ入れていました。入るのには30分くらいかかりました。私が入るころでも後ろの列は短くならず、次々やってくる状態で、そもそもこんな人数がこの会場内にすべて入るのかという疑問すらありました。なんだかんだ押し込んでしまうんですけどね。入ってからはだいたいいつも通りで、お昼も挟んで最後までいました。流れはこんなものです。

今回大切にしたことは、なるべく買うことでした。私は同人イベントで買ったものを何度も読んだり見たりするタイプで、今買わないと半年間ないわけです。この半年は楽しめるようにしたいのです。それと、Onlyという非常に狭い世界の中でやっているのに、横に広がりが持てない現実を少し打開したいのと、このイベント内でどんなものを作っていけるのか、サークルをしている人の様々な表現方法に触れて、自分を高めたいと思っています。時間をかけながらすべてのサークルの発行物を集めるような勢いですね。何をするにしても、自分の方法を完全に確立してしまうと、逆に視点が狭くなりがちです。こんなやり方面白いな、こんな表現面白いなというものを逐一勉強しながら、常にアンテナを立てていたいと思います。
というのも、うちのサークルの現状を考えると、発行物が少なくて、しかも収益性が非常に悪いため、発行物を増やしたいと常々思っています。でも適当に増やすこともできません。また、どうしてもやりたいことは、ひとつを残してやってきました。それに、レトロゲームだったらどんなものを取り扱っても、どんな表現でもいいと考えており、活動は流動的でよいとも考えております。そんな中で自分を磨くには、このイベントに参加している多くの人に触れることでしょう。会場でただ人に話しかけるわけにはいかないし、ならばサークル発行物を見るに限ります。
やりたいことがないなら店をたためばいいと思われるかもしれませんが、やりたいことはあります。それはサークル参加そのものです。サークル参加をすると、買って行く人との話ができ、新しい情報や刺激が得られます。参加することが次への参加の刺激になり、自分の活動に対する評価も得られます。そして、できればお小遣いも稼ぎたいです。BK保存委員会を結成してから、自分のやりたいことを相手に伝え、共感を分かち合うために何をどう作っていくべきかを学びました。自分たち側からの一方通行にしないことも大切にしました。やはり、ものを作っていくのは楽しいことです。レトロゲーム好きなことを表現しながら共感することが、私には合うのです。

Game Legend に参加しているサークルは、毎度同じではありません。毎度参加しているサークルは、もちろんあります。おそらく半分以上はそうかもしれません。中には不定期で参加したり、何回か参加して来なくなったサークルもあります。参加していても、なかなか新刊が出せないところもあります。一見毎度同じようで、流動的なサークルがある以上、ある程度求められるものに流行と廃りがあることに気付きました。この数年を振り返ってみると、珍しいハードの人気が高まっている傾向を感じました。今回ついに来たかと思わせたのは、カセットビジョンですね。本物を見たことは今まで一度しかありませんでした。
レトロゲームがそういう言葉で再評価されるようになって、私はその初期のころから同人をやってきた古株組なんですが、そのころはソフトの評価が中心でした。それがこの十数年の間に評価が定着し、今ではむしろ過剰なほどまで評価されています。今度はハードが注目されてきているように思います。BEEPのような昔のハードを扱う店がマニアの間で評価を上げてきています。市場を出回るハードの数も少ないせいで、希少性が高い分野です。私がBK保存委員会を始めた頃は、中古屋にMegaDriveが山のように積まれていて、どうしようもない値段で売られていました。今そんなことはないです。相場は一気に上がり、数そのものが減っています。
サークルで出しているものも、実機展示も含め、今では珍しくなってしまったハードを扱っているところは人気があります。珍しいソフトを扱って注目を受けるには、それ相応の努力が必要になっています。こと、家庭用で出ていたマイナーソフトの攻略などは、極めて厳しい状況にあるでしょう。メジャーなソフトを扱っても、ぼちぼちの反応の時代です。ソフトを扱うなら、論評で扱うか、普通に漫画を描いて出している方が安定します。これは自分のサークルでの経験によります。扱うソフトも、何十周年とか、今のハードに移植されるとか、話題性に左右されます。非常に残念なことながら、イベントが大きくなって細分化が進み、作ったものが評価されない状況が部分的でも発生します。扱うものによる風当たりの違いが、なだらかな流れによって常に変化していることを感じました。売り上げ状況の悪いサークルが常に一定数いるのは(アンケート集計によります)、作っているものが手抜きとか、質が悪いとかじゃなくて、イベントの中に発生している風の当たり方だと思うのです。一般参加で常に回りながら歩き、人の集まり具合を時間をかけて見ていると、厳しい世界も垣間見えます。イベントとしては楽しいんですよ。私もたくさん買います。でも、サークル参加やめちゃおうかなと思う人が出ても仕方ない側面もあるんですね。それはこの数年変わりません。

ええ、この実、とってもはしゃいできました。変わらない毎度の評価は、一般参加で楽しむ分にはとても楽しめる。けれど、サークル参加する場合は覚悟がいるイベントです。出しているだけで英雄視される時代はすでに終わっています。

またまたドールショウ浅草2017/05/04 23:41

ドールショウへ行ってきました。場所は前回と同じ浅草です。なんか、つい最近もドールショウで来たような気がします。前回は3月20日でしたから、思えばそんなに間を空けない開催ですな。
前回と同じように、開催時間の少し前に入れるように出ました。浅草へはどうやって行くのかというと、船橋まで出て京成に乗り換えます。地下鉄を使っていくルートが安値でよいけれど、時間がものすごくかかってしまい、少しの差ならこのルートが使えます。
会場到着。浅草には外国人観光客が多いです。今日もそんな様子でした。しかし、その裏ではひっそりドールショウが行われていることを知っている人はあまりいないでしょう。中に入ると、まず7階に回されます。今回は5階から7階までがドールショウで、いつも使っている4階にはミリタリーイベントが開催されていました。客層は明らかに違います。エレベーターに乗るとき、何だか一人でぼそぼそ怒りをあらわにしている謎の女性に遭遇・・・。どうやら、7階に行かねばパンフを買えないことに怒っているようですが、待機列を収容する場所がないことくらい理解してあげましょう。
通常なら4階にAZONEとリカちゃんキャッスルが入り、7階が食事と展示スペースになるところ、7階に全部詰め込んでいました。7階が手狭です。しかも、AZONEへ入るのにもなぜか列が・・・。展開が謎だらけなのは気にしないで、6階から見て回りました。
今回は、10月のドールショウに参加するための最後の下見といういことで、展示から売り方からテーブルの使い方まで、出す側の立場から見学しました。もちろん、毎度そういうことも考えて参加しております。でも、いずれ参加するだろうという見方から、次は確実に参加するとなると、計画を具体的に練るために、よりしっかり印象付けてくる必要があるわけで、買い物目的や、作品の参考目的とは違います。

6階を見終わって、食事をとることにしました。場所は前回も行ったらーめん屋さんです。
今回は待たずに座れました。安い、そしておいしい ! 残念なことに、この店は年内に閉じてしまうかもしれないらしいような話を店の人からちら耳で聞きました。歳できつくなっているけれど、後継ぎがいないから閉めるそうなのです。次のドールショウで来るときに、閉じていたら悲しいです。こんないい店なのに、もったいないとしか言えません。

食事を終えて、5階を見ます。面白いものを発見して、写真を撮ってきました。コスプレするときに使う面です。どういうわけかドールショウで扱っておりまして・・・でも場所から考えると企業スペースだから、個人商店にしても、とにかく専門業者です。
あごが隠れるようにすると目の位置が合わず、眉毛の位置に穴を開ける人も多いそうで。しかし息苦しいのなんの。これは、息がどこかへ抜けるようになっていないと、中が蒸れます。視界は少し狭くなる程度で、そんなに不便はありません。これをかぶれば、顔だけは誰がかぶっても同じになり、おじさんになっても女の子ができます。うーん、私はやらないな。おそらくここでかぶらなければ、二度とかぶれないであろう貴重な経験でした。
5階では前回あいさつした、すのふれっさんのところをまた訪れました。ほか、ねんどろいど移動用のエビフライがまたありまして、そこでなかなかいいですとお話してきました。6階と同じように見ます。じっくり見ると、ほぼ最後まで見ていることになりました。ドールショウはこれで終了です。
浅草寺がすぐ近くですから、飲み物を買って向かいました。最近出た、透明なレモンティーなるものを買ってみたのですが、これはやはり、茶ではありません。何となく茶の香りがするレモン水です。それはさておき、出店ですよ。これも作ってみたい夢があります。構造を調べてみると、至極単純でした。ネタとしてとっておきます。
仲見世は毎度こんなものです。いつもより日本人の割合が多く感じられました。連休があるのは日本人だけですから、外国人観光客に連休は無関係です。日本人だって浅草を見る人はたくさんいますよ。目標は舟和のいもようかんで、そこを目指すのにこの中を通るのは大変なため、わき道を通ります。今日はわき道すら人の多いこと。
浅草を後にして、今日は浅草橋を目指しました。都営浅草線の駅に入ろうと地上を歩いていると、こんな立派な鯉のいる店を発見しました。比較対象物がなく、大きさを伝えきれないのが残念です。60cm くらいあります。心無い人が何かエサを勝手にやったらしく、それで鯉が現在弱っており、治療中だそうです。まさか小銭ではあるまいな・・・。

浅草橋では、アクセサリー関係の材料を買います。ペンダントが品薄になってきており、新たに生産するのです。ほか、見ると面白いものがたくさんあって、ついつい買ってしまいました。ちょっとしたアクセサリーを作りたいと思いました。自分用です。
そのまま歩いてアキバへ向かいました。委託の途中経過を見ます。途中経過を見ておくと、商品計画がやりやすいのです。またぼちぼち売れていました。ひとりかなり疲れていたため、そこを見て、あみあみSHOPとatreで買い物をして帰ってきました。帰ってきて、ドールショウ参加計画を練るために、Jで食事と作戦会議です。この作戦会議の内容が重要なので、それはまた書くつもりです。

ドールショウへ行くと、大きいドールいいなぁと思ってしまいます。小さいものより圧倒的に自由度が高く、しかも存在感もあり、ホビーとしての魅力はたっぷりです。これを始めてしまったら、やめる理由が見つからないほど楽しそうです。おそらく服作りとか始めます。家具とか小物とかも作っちゃいます。今更ワンフェスで業種を入れ替えることもできません。やりたいけれど、手を出さずで我慢します。

日本ホビーショウ参戦2017/04/28 23:15

日本ホビーショウはなかなかよいらしいですぞ。結局昨日は衣料部と縫製部がホビーショウに行き、私はアキバへ行ったのですが、チケットは三日間使えるそうです。ならば今日行ってみるかということとなりまして、縫製部が脱落し、そのチケットを私が持って、衣料部と共に向かうことにしました。
大きなイベントとはいっても、コミケにはかなわないわけで、ここの階段がよく見えるのは、とても新鮮味を覚えます。コミケでなく来たことは、最近では i-doll & marche だけです。

残念ながら、ショウの写真はありません。展示品も撮影禁止のところが多く、物販で人がいるところの写真を撮ってもしょうがないし、写真なしで様子を報告します。
平日ながらに人の数はかなりいました。手芸関係というだけあって、来る人のほとんどは女性です。たまーに男がいる感じ。しかし、この熱気がすごいですね。ワークショップがとにかく多くて、ほとんどどこでもやっています。物販は物販で、ワークショップはワークショップで、ブースの中に押し込めます。だから密度はものすごくあるのです。展示に広々使える余裕がないと言うべきでしょう。手芸用品で目にするメーカーやお店はだいたい来ています。新商品や開発中の商品の紹介を中心にしているのかと思いきや、ワークショップを中心として、それに関係する商品を売るスタイルがほとんどでした。TAMIYA なんかも来ています。でも、プラモやミニ四駆は置いておらず、デコスイーツ用品のみです。関係してエアブラシやピンセットなど、使える道具も置いています。KURETAKE が来ていました。呉竹じゃなく、KURETAKE です。呉竹といえば書道用品と墨なのに、紙やその加工道具、ペンしかないんですよ。どういうわけかサンキは服地じゃなくてアートフラワーだし、フタをあけて見なければわからない感満開です。
私は私なりの視点で、使えそうな道具を探し、刺激になりそうな情報を探しました。お世話になっているところで、PROXXONが来ていました。電動工具でお世話になっています。一般的工具より、木工などに特化した専門工具を扱っています。そこでたまたま、買おうか検討していた工具の実物が置いてありました。想像以上によく、これは今度買いたいところです。普通ならそうやって見ていると、関係者が話しかけてくるものですが、そこではワークショップにすべてかかりきりで、私の存在すら気付けてもらえてないかもしれません。トールペイントの道具屋として参戦しており、フォトフレームを木で切り出して作るワークショップの最中でした。どこでもワークショップが基本です。作り手の熱気ですね、これがすごくあって、イベントを盛り上げていました。

アメリカンフラワーもありました。私ですね、これをやってみたいんですよ。しかもワークショップ・・・いや、ワークショップしかない状態でした。ただ、やっていると他を回って見切れる時間がなくなりそうです。それくらい多くの団体が参加していて、こりゃ、最低でも二日にわけなければ、まわれないです。時間が余ればやろうと思っていたけれど、結局できませんでした。自力で勉強するしかないのかな・・・。
一応、ミニチュア屋として、ミニチュア関係もまわりました。ドールハウスで出しているところが少しだけありまして、見て回ります。使えそうなものをいくつか手に入れてきました。ドールハウスは、ある程度部品があればいいんですよ。究極のひとつを作る世界だからです。でも私は、フィギュア相手の商売ですから、高いものは作れないし、数も必要です。でもって、ドールハウスの品質を保ちたいわけで、無茶なことをしております。自分の無茶ぶりが感じられます。私もドールハウスを作るべきなのでしょうか。最後は、どっちがお金になるのかというだけです。ま、そういう複雑なことを考えるのはやめておきましょう。

minne という、いわゆる marche っぽいものも同時開催で、そちらもホビーショウのチケットで入れます。実は衣料部が、独立して marche をやってみたいという話があります。ドール服を売るのではなく、バッグ屋を始めたいと言うのです。そんな研究も兼ねて、いろいろ見てきました。今までこういうイベントを見てきて思うことはだいたい同じで、値段が高いのと、バッグなら作っている形がみんな同じというのがあるのですが、やっぱりそうでした。楽しめないことはありません。ただ、値段すら出していないところがけっこうあって、受身のやり方が楽しめませんでした。ホビーショウは、みんな商売でやっていますから、人を呼び込むための努力も工夫もすごいし、熱気があります。それに比べて、趣味でやっているだろう人が多い minne では、もう売り手が受身なのです。来てもらえればそれでいいで終わっていて、買ってもらおうとするアピールが非常に薄いんです。この温度差がひどくて、結局 minne はほとんど見ず、ホビーショウにしっかり時間をかけることにしました。私の探しているものは、完成品ではなくて材料だというのが、一番大きなところでしょう。

買うものは買いつつ、いろんなものがあることを見てきました。JOYFUL-2 を昔から行きつけて、様々な手工芸の趣味に触れている身としては、そういうものを提供している企業、高めてプロになっている人を見る場所で、様々な趣味を近くで感じられる、とてもよい場所でした。また、企業の工夫も感じられました。
例えば、畳のふちを作っている会社では、様々なふちを手芸用として作って、それを活用した作品を紹介しつつ、材料を売っていました。畳のふちはとても丈夫で、幅は短く一定であり、端の処理がいりません。感触も、やわらかいものからかたいものまでそろえ、色柄は多数あります。中にはキティちゃんもありました。
すぐに思ったのは、畳の業界の厳しさでした。近年和室のない住宅なども増えてきて、畳の需要が減ってきていると言われています。畳の需要が減れば、畳のふちの需要も減ります。それでは会社が成り立っていきません。そこで、ふちの特性を活かした新しいビジネスチャンスとして、手芸での活用をしているのだなと思いました。だから、適当じゃなくて、本当に手芸のことを考え、使ってもらえるように商品を揃えているんです。色柄も様々、軟らかさも様々で、満遍なく必要なものを揃える工夫が見事でした。
参加する企業も一般参加者も、作り手と材料の供給者の出会いを求めていました。ここで知ってもらう、ここで買ってもらい、続けてもらう。買う方は、面白い素材を知りたい、新しいものと出会いたい。そんな思いがいい熱気としてありました。私もいい買い物ができ、勉強になりました。

来年も行きたいです。行くなら二日間で行って、じっくり見る日と、ワークショップを回る日で目的を分けないとうまく見切れませんね。今年は初めてで要領を得ました。次こそはアメリカンフラワーの体験をしたいです。

ドールショウ49 戦利品2017/03/24 23:16

今日は印西へ行ってきました。そして久しぶりに Green's K で食事です。ものすごく久しぶりですよ。ここで食べると夕食がいらなくなり、やはり今日もそうなりました。ゲーセンへは行っても、アイスも食べませんでした。と、印西の話題も面白いものがなく、おもむろにドールショウでの戦利品紹介をしましょう。
あとりえさくらさんの、エビフライねんどろいどポーチです。このアツさに惹かれました。ねんどろいどやキューポッシュは頻繁に持ち歩いておりまして、それに使おうと思います。この様子を語ると、

エビフライダヨー。アゲタテダヨー。ウマイヨー。

です。えび天にも見えます。とにかくこうすると、エビフライになります。ねんどろいど持ち運び派の人は、こういうの欲しいという人たくさんいると思われます。なんせドールショウなもので、フィギュア派よりドール派の多いイベント、もうちょい売れていてもいいと思いますが、けっこう難しい商売なんですね。値段ももう少し安い方がよかったかなと思いました。
そのままでふとんになる真実。こうして見ると、エビフライとしてのバランスを重視しているため、必要より長いです。が、付属品も入れて運べると考えればよいかもしれません。やっぱりえび天に見える。
以前買ったぽんくま屋さんで再びあみぐるみを買ってきました。今度はひもをつけてバッグに下げる予定です。相変わらず編み目が密で固く、作り慣れている印象を受けます。手足は透明なボタンでつけてあり、少し動きます。見た目も自然でよいです。大きさはねんどろいどサイズで、このようにダヨちゃんへの親和性の高さがたまりません。かわいい、とにかくかわいい。

ディーラーさんからの買い物はこれだけです。他、AZONEでいくつか買いました。服なのですが、まだ着せて試していません。たまには衣替えしないとですね。