病院へは行かず2017/12/07 23:37

胃の調子はまずまずよくなってきましたが、腹調子が完全に復活したわけではなく、あともう少しです。今日は病院の予定で行けませんでした。意識にきました。起きているだけで気持ち悪くなるレベルでして、かーなりきついために、動かず何もせず、ただ耐えるのみです。だいたい起きた時にきつい場合は、一日そうなります。解決は夜の薬まで待つことでございます。完全ではないんですがね。今はだいぶ楽になりました。
今日は夜Jに出ておりました。一人ではなく、珍しく二人です。親が飲み会だったもので、そういうときは二人でJへ夕食に出ます。いろいろ調べたり、情報戦略を行っていました。今月の10日、週末に i-doll & marche があって、それに行くつもりで調整しています。衣料部が衣料部ではなくて、何か別の形で marche に進出したいらしいのです。今の生産体制じゃ無理だろ~と思いながら、やりたいのを止めるのもねぇ。本当にできるかはまた別として、様子を見ながら、やり方を考えるのはいいと思います。その相談役ですな、私の役目は。
ああ、なんだかんだ、やっぱり画面に向かって細かい字を打っているのは苦痛だということに気付きました。あまり完全にはなっていないようです。そろそろやめておきます。

悪いの継続中2017/12/06 23:44

胃の調子はまだよくなりませぬ。明日はひとまず病院でございます。胃が悪いからではなく、定期です。薬がないよ、薬が。
あんまり何もしないのもよくないため、盆栽を作っております。委託に出そうかと。委託に魅力的な家具を出すというのはなかなか難しく、面白いものを入れるには中物を追加しようと、やっております。火鉢も入れるかもしれません。ちゃぶ台はしばらくできる予感がしないなぁ。なるべく入れられるものは入れたいんですが、あそこは場所も限られますし、難しいですよ。なんせこれじゃ作る方が大変で。
The Super SHINOBI はすべての難易度でクリアしました。基本的なことは全部の難易度で同じで、違うのはミスできる回数と、Very Hard については敵から受けるダメージが多いようです。ついにNo miss もやれました。そのうち映像を撮るでしょう。気軽に楽しめるうちは、覚えているためなんとかなります。やらなくなってくるころ、忘れます。忘れたとき用です。もうちょっと方法は煮詰めるべきでしょう。

胃の悪い日々2017/12/05 23:49

この三日間、かなり胃の調子が悪い状態が続いています。食事も消化のよいものだけにして耐えています。それでも昨日はGなんかに行ってしまいました。夜が長くてつらいために、あまり飲み過ぎないようにGでぐったりしました。いつものGに比べると BGM がうるさくて、深い考え事に集中できない状況なのがいかんせんよくないです。
面白い語り部の内容がないかな~と考えていると、いくつか面白い話が見つかってきました。とりあえず適当に書いておいて、使えそうなものを選びます。書きたいことを最初に書いてしまった感はあります。難しい、あまり適当すぎないでしっかり書くことは難しいのです。
えぇ、適度に横になりたいです。やること何も進みません。

なぜAMDなのか2017/12/04 23:59

国内、国外のPCメーカーをだいたい調べた結果、やはりLenovoで手を打つことになりそうです。国内ではPanasonic、TOSHIBA、Fujitsu、NEC、マウス、EPSON DIRECT、国外ではLenovo、ASUS、Dell、HPを当たりました。LenovoでもThinkPadとideapadというのがありまして、使い勝手はThinkPadが上だけど、性能はideapadの方が少し上で、ideapadを取ることにします。しかしですね、いずれは出ると思っていたら、ASUSからRyzenを積んだNotePCが出ていましたよ。消費電力やコストを考えると、NotePCにはAPUを積む方が理想なのに、性能だけを求めてRyzenを乗せていましたね。価格は約20万円でした。性能はNoteと言えないほどのぶっちぎりで、構成はGamingPCです。主にゲームから映像編集まで使える多用途マシンだそうですが、そんな高性能はいらんと思いました。ASUSな上、Ryzenという最高の組み合わせながら、価格も予定より倍になってしまいます。この性能なら5年経っても問題なく使えるでしょうね。ないのは光学ドライブだけで、それ以外は完全に理想を満たしています、というか、過剰です。資金でも作れれば買いますが、そもそも必要以上の性能にそんな金を出す必要はないと考えるべきでしょう。しかし、Ryzenを搭載しているとか、自慢になりそうです。ひとつ問題は、PC本体がでかすぎることがあり、いずれ無理かな~。

私がAMDに乗り換えたのは、2003年に自作PCを作るときでした。PC98ではi486で、次のEndeavorではPIIと、Wintelとまで呼ばれた構図そのものに乗っかってきました。AMDに興味が移ったのは、ある時からAMDの方がintelより高速化し、値段も安くなってきたからでした。Athlonになってから、intelと違い、周波数を上げるよりも他の部分の基本性能を上げることで、低い周波数でもintelの高周波数のCPUと同等か、それ以上の性能を出せるようになったことで、AMDへの乗り換えを決意しました。それで三代目のPCは自作でAthlonXP3000のマシンを作ったのです。グラボもRadeonにして、AMD + ATI Radeon という黄金の組み合わせにしました。
技術的な側面もあり、値段の面もあり、もうひとつ、intelの寡占状態が気に入らなかったのがあります。寡占状態になり、CPU価格が適正に設定されているのか、当時のPIIIの値段を性能を見ながら、疑わしく思ったのです。その点、技術的にも高いAMDが、intelより安く売っていたのは、むしろ信頼できました。ただ、AMDはマザボにかかる負荷がintelより高い印象はありました。AMDのCPUはNorth BridgeとSouth Bridgeという二つのチップで支えられていて、そこの性能もCPUに大きく関わり、マザボにもファンをつけて冷やす必要があったのです。自作では、マザボのメインチップを冷やすのが大変でした。CPU用のファンならいくらでも売っているけれど、マザボ用なんてないのです。熱対策が分散しているのは不便でした。でも冷やさないと、マシンが熱で止まると書いてあるんだからやらざるを得ません。買った当初、HDDも接続せず、とりあえず電源だけ入れて放置し、チップがどれだけ熱くなるのか見ましたが、やけどするレベルでした。マザボはASUSにしました。二代目のEndeavorがASUSだったからです。今ではASUS製のNotePCをメインで使うほど、長らくお世話になっております。
なお、Athlonでは当時はすでに死滅技術になりつつあったoverclockが使えて、一時期はまりました。ただ、overclockにすると、重い作業をしたとき不安定になり、いきなりマシンが再起動する事態が多発したため、適正値がいいようです。安定させるためにCPUの機能を制限したりするのですが、意味のないただの挑戦者の技術で、ネット上でも情報を拾うのが大変で、やめました。
以後、2005年にNotePCを初めて買ったときはAMDモデルを選び、これを書いているNotePCもAMDで、その後の据え置きマシンもAMDを選んでいます。このNotePC以降、APUを使っています。APUはCPUとグラボが一体化しているユニットで、CPUとGPUが物理的に近い位置にあるのと、グラフィックに使うメモリと通常のメモリを共有します。そのためコストが安く、一方で効率的であり、魅力あるものです。これはAMDがATIを買収合併したからこそできたものでしょう。APUのグラフィック技術はRadeonになっています。
そういうわけで、AMDには技術的にも寡占に逆らう意味でも信頼を置き、14年使ってきました。intelの技術力も、AMDという小さいながらも消えないライバルがいたからこそ育ってきたと思います。AMDはPS4やXboxOneにも採用されているんですよ。ゲーム機のコストを下げるのに協力していると思われます。APUは効率的で安いですからね。いくらASUSのNotePCが使いやすいとはいえ、今になってintelに乗り換えるなんて、信条の面からできません。キリシタンに踏み絵をさせたのは頭のいいやり方ですね、そんな気持ちです。intel inside のマークならいくらでも踏んでやりますが、AMDは踏めません。高性能NotePCをAMDで求めた結果、Lenovoに行き着いたなら、それはそれかもしれません。でも、ASUSから離れるのはつらいです。Lenovoはキー配列がよくないんですね。ThinkPadも独特のキー配置をしています。例えば@がShift + 2にあります。もう一般的じゃないし。画面をロックできるらしいですが、画面を消せるのかな。また店頭チェックしてみるかな。えぇ、もうどうしようもなく妥協できないなら、Ryzen積んだマシンにしますよ。テーブルも改造します。NotePCを使うためのテーブルの幅が、Ryzenマシンにすると足りなくて、ねずみが使えないのです。持ち運びもどうなんでしょう。ん、バッテリー駆動時間が1.6時間しかない・・・そりゃ無理だ。これはエセノートですね。ノートの形をしているだけで、実質はやはり据え置きですか。RyzenをNotePCに積むのは、形だけ可能ってことですな。このマシンは却下です。
どれを取っても理想がないってのがねぇ。