毎年の池花祭り2017/07/16 23:06

本日、毎年恒例、池花のお祭りです。自治会祭りとはここに来てからずっと縁がありまして、人口の増加と共に祭りも大きくなってきました。最近は池花運動公園を広々使ってやるのが定番です。池花以外の地区からも人が集まってきて、何気に盛り上がるんですよ。
今年はうちのおばちゃんが役員で当日スタッフとして借り出され、からあげといなり屋の店員になります。当日だけやっていればよさそうですが、前日から準備があり、当日も朝から準備があります。裏方はかなり仕事があるのでした。その勇姿も見に行きつつ、祭りは祭りで楽しみます。
祭りに行く前にTPMで買い物をして行きました。そのため、TPMがある方の入り口から入りまして、なんだこんな看板立てていたのかと知るのです。あまりこちらを通っていくことがありません。
祭り会場を上から見るとこのようになります。右はステージで、盆ダンスから太鼓の演奏まで、時間ごと様々行われる場所です。中央の青いシートが桟敷席のようになっていて、誰でも座れます。それを取り囲むように販売のテントを配置しているのが毎年の構成です。
祭りの規模にしては会場が広く、出したいものは全部出せるのがよいところです。昔使っていた池花児童公園は小さすぎて、出店を出すだけでも大変でした。そこにステージまで設定すると、公園内に人の居場所が限られ、周囲の道路にまであふれる状態でした。
このあたりから眺めて、あれおばちゃんかな~と思しき人物を見つけたら、やっぱりそうでした。人が次々来て、なんだか大変そうです。その場で調理して出さないだけだいぶ余裕はあったようですが、他のところで何をしているのかもわからないし、市長の挨拶もよく聞こえないし、店員とはこういうものです。
私はかき氷を食べることにしました。本当は、おなかを下していて、出てくる直前までひぃひぃしていたのに、ここまで来たら食べるしかないでしょう。シロップは2種類までかけてくれます。うーむ、期待していた黄色はなしか。これでもかというくらいシロップはかけてくれていたはずなのに、いざ食べてみると下まで届いておらず、適度に混ぜながら食べないと、下はただの氷になってしまいます。祭りの会場を眺めながら、じっくり食べました。食べている途中、後ろから少年の体当たりを食らったことは、祭りだから大目にみましょう。やめて、びっくりするから。下手すればかき氷落とすし。
おなかが冷えてよくないとわかりつつ、刹那の満足感を得たのでした。ああ、これが祭りだよ。
時間がたって少し暗くなってきます。これから家に帰ってカレーを作らねばなりません。この雰囲気はいいのだけれど、いつまでもここにいられないし、帰ります。おなかにはちょっと氷が負担でしたな。欲を出しすぎました。祭りはいいです。夏はこれがあってこそ夏だと思います。人も多くにぎやかで平和です。これですよ、大騒ぎはないけど、祭りで浮かれるこのよさがたまりません。

ぐでトミカ2017/07/15 23:11

今のトミカは何でもありで、旅客船から仮想の乗り物まで、ミニカーというか、カーじゃないものがたくさん出ています。ではトミカをトミカとしているものは一体何でしょうか。
買った品が届きました。あみあみ様では最後の一個だったようで、私が買ったら在庫切れになりました。でも、どこかの店頭に行けば、トミカならありそうですけどね。ぐでトミカです。これももはや、無理矢理ぐでにした感がたっぷりですが、喜んで買う人がいます。トミカは小さくてコレクションにはいいんですよ。気軽に買えて、ちょっといじりたい時に触って動かして、おもちゃとしての楽しみがあります。
どこがトミカと言えば、タマゴの殻がちゃんと金属でできています。トミカは基本部分が金属製でなければなりません。車しかなかった時代のトミカのよさは、金属製で丈夫、適度な重さと質感、そのうえ安いということです。ミニカーを買わない人は知らないと思いますが、トミカと同じような、1/43サイズのミニカーだと、精巧なものは4000円から7000円とか、それ以上する場合もありまして、標準的な大きさと作りのトミカは500円しないわけですから、その異常な安さがわかることでしょう。もちろん、高いものは模型として精巧に作られているのに、トミカはおもちゃとしての作りが重視されているため、細部は期待せず、形も大雑把ではあります。つまりは、コレクション模型より、子供がガンガン使って遊べるおもちゃです。最近はコレクション向けの精巧なトミカも出てきていますが、それはトミカで育った世代が大人になって、親になって、子供のためにトミカを見たら、あれあれ、いいのがあるじゃないと、そんな狙いでしょう。
ええ、ミニカーを語る場面ではありませんでした。ぐでトミカ。もうネタです。それ以上のものではありません。スケール感とかも関係なく、ぐでをトミカで楽しみたい人向けの商品です。
後姿の哀愁こそ、ぐでの真骨頂。おしりの形もしっかりしています。感心なのは、白味が軟質素材なことです。触るとふんわりやわらかく、白味らしさを強調しています。おもちゃとして遊ぶにはこういうところ、あまり凝る必要もないと思いますが、作っている大人とは、変に譲れないところが絶対出ます。

ぐでトミカ、ぜひともおひとつ手にとってくださいまし。

調整のために2017/07/14 23:34

普段ならこの時期になってきてゲーセンサークルへ行くことはないのですが、自分の体の調整のために行ってみるのでした。うーん、結果からすると、あんまりよくなかったのではありました。その場で楽しんでいる限りでは何となく勢いで過ごせるものの、一人になってからの反動がやはりすごい。抑える薬を飲んでいってもこの様か・・・。
なるべく刺激的にならないよう努めているんですけどね。もうちょい休み休みやった方がいいのかな。それでも、自分を調整するための時間としては活用できるため、うまくやっていきたいところです。

楽しいことを語る2017/07/13 23:29

おかしいな、もっといろいろ楽しいことがあったんじゃないのか・・・。というのがこのところの私です。 何もかもあきらめてしまったのはよくないことだと思います。まず、プラモをあきらめました。小物作りの基本を成しているプラモをあきらめたのは、これは根本的にまずかったと思います。好きなことを全部封印して生きていけるほど、私は強い人間じゃないのよ。ゲーセンで遊んでいるだけじゃ、どうしても満足できないことはたくさんあるんですよ。それに、人生の上で、生きていくためにあきらめたものもあります。最近非常に迷っているのが音楽ですね。音楽スイッチ入れたい衝動に駆られます。いずれワンフェスが終わるまで自由にはなりません。結局、私が何も出さないとなっても、じゃあ手が空くのだから手伝えって言われるんですよ。もうその、生活上でまともに理性を保っていくだけでも苦労しているのに、手伝えとか拷問なんですが。
ひとつ血迷ったことをしてみたい・・・。MGのHi-νガンダム Ver.Kaを塗装して作ってみたい・・・。あれでかそうだな、作ったらどこに置くんだよ ?? でもきっと、一ヶ月くらい格闘すれば作れなくはないでしょうね。HGも探してみたものの、HGはスケール上、手の抜かれているところがあって、逆にそこが面倒です。色にとても興味があるんです。おそらく、白の装甲も、白だけじゃなくて、若干の灰色っぽい部分とかがVer.Kaならあると思うし・・・と、調べたらなさそう。でもその中で水色が強力に印象を作っているんですよね。その色調の面白さ、それが塗装する楽しさを引き立ててくれるんじゃと期待するんです。そんな装甲の色の微妙な違いを体感したいなら、RGでもやれよと言われるとそれまでです。RGでも今は楽しめます。でもあれ、作ってみたけど塗装する気にあんまなれません。なぜって、あれは動かしたくなるモデルです。部品分けが細かいため、塗装すればいい出来になることは間違いないけど、私は動かしたいので、塗装したくありません。
内部のフレームが小さいために独特な作りになっていて、あれも塗装の上でかなりの壁になります。動かす部分に対して部品の擦れの発生する部分は、削ってクリアランスを確保します。それがやりにくいモデルなのです。MGはその点、わかりやすくていいんですよね。ちなみにユニコーンを作ったとき、クリアランスを最大0.5mmも取りました。塗装が非常に厚かったためです。ひざのパーツにそれだけクリアランスを取り、結果は擦れないちょうどいい具合でした。白は塗膜が厚くなる傾向にあります。そういうことを考えるのが、模型の楽しみです。塗装してこそですよ。