わかりえないこと2018/03/30 23:13

網走からやってきた刺客も明日で帰る日となり、今日が最後の金曜日となります。何やらこの前紹介した FC POCKET を学会の帰りに買ったらしく、ファミコンをついに手に入れた模様です。で、ソフトもゼビウスを最初に買ったようですが、ソフトの本数がひとつでは、ファミコンを味わうには足りないでしょう。そこで、ゲーセンへ行くのに勝田台で拾う約束をしたものですから、ついでにそこから近くのやちかんへ、ファミコンソフトでも見に行くかと誘ってみたところ、乗ってきたゆえ、ゲーセンへ行く前にやちかんへ行くことにしました。
ファミコンをリアルにやってきた世代には、面白いソフトやつまらないソフトをある程度知っているものです。でも、何も知らない人が見ると、種類が多すぎて、何が何だか知らない世界になります。値段とも相談しながら、いろんなソフトを紹介していきました。
危険な匂いのするゲームは、だいたい180円という値段がつけられています。中には名作もありましたが、本数があると180円がつくらしいです。多くは480円でした。どうだい、ハイドライドSPなんかどうだい。パソゲーのファミコン移植で、当時のパソゲーらしさを味わえます。クリアまで50分、そのうちレベル上げ作業が40分で、クリアのために必要なパートは賞味10分という、超作業ゲーだけどどうする ?? うーん、それを聞いたらいらないか。そうだよね、何も知らないとただ手にとって、後に絶望するものもあるんだよ。攻略パターン構築までは、一日以上かかりました。でも、やり方がわかってまとめると、賞味10分、40分は敵を横か背中から切りつける作業をひたすら繰り返すだけ。40分いらないだろ、その分他に何かさせろよと思います。
BUGってハニーは手を出してはいけません。頭脳戦艦ガルも危ないゲームです。手に入れるべきであったスーパーマリオが2480円もして、この値段設定には驚きでした。日本で一番売れたソフトなら、中古で出回っている数も多いはずなのに、この値段ですよ。足元見られている思いですね。お勧めだったバベルの塔は在庫がなく、スターソルジャーは980円と、これもちょっと高めの設定で、レアではなくても人気のあるソフトは値段が全体的に高めでした。また、任天堂のものは、ソフトの前面が絵のものとラインのもので値段が1000円違う、コレクション性も入っています。安いものは安いけど、安いなりのものは安いなりのもの中心で、それでも面白いものを探し出し、数本買うことができました。良作だけど値段に反映されていないものについて、やちかんは狙い目があります。おそらく、詳しい人がいないんでしょうな。詳しくないから、世間の値段を見て、一定の評価があるものに値段をつけているんです。隠れた名作は知らないとみました。
吊るし玩具と呼ばれる、毎度私が買ってくるジャンルもちょっと見て、いいものを買ってきました。彼にも危ない世界へ一歩踏み出して欲しいと思っていますが、どうしてこう、硬派なんでしょうね。一歩踏み出し、自己主張すると、案外面白いことがあるものでは、と思うのですが。

ゲーセンへ行き、4人そろっているところで、もう一枚金パネ狙いに行くぞ、という予定でおりました。先週やった感触では、そんなに苦労しなくても取れるはずだったのに、4人の足並みがなかなかそろわず、いつもの解散時間21時になっても取れません。もう、取れるまで帰らない流れになりました。そして・・・
先週は委託販売の詳細を書いて出しておりませんでしたが、先週もWTSを取っております。今週も引き続き、もう一枚ということで、やっとやりました。途中、6万点足りないニアミスをしながら、最後は無事に更新です。
しかし、結果は完全とは言いがたく、なんせ一機落ちのため、1千万落ちという状況でした。それでも道中の点数を高めに取ってきたおかげで、何とか更新です。ただなぁ、やはり一機落ちは痛いですゆえ、次回、もう夏になりますが、夏にヤツが帰ってきたときにやり直します。
昔は4人でやっても WTS なんて遠い存在だったのに、取れるようになっていました。MUCK さんとの二人用で、WTSの差を詰めていく活動が、少しずつ腕を上げてきたと思います。今は2千万以内に押さえるようにやっていて、やり込んで点数を詰めないで、ただやってみてそれなりの点数に収まるようやっています。点差を詰めるために、同じ面をやり込んだりはしません。何気なくやって、上位の点数が安定して出せるよう長くやってきたことが、人数が増えた時の下支えになると感じました。突き詰めているより、安定している風に見えると思います。

何とかやりきって、遅くなったために、私は網走市民を車で送り届け、次の夏につなぐことにしました。

無双の奥の奥2018/03/28 23:44

このところ気が休まるというのがなかったため、久々にメガドライブを手にし、まずは忍をやってナオコを救出した後、無双をやりました。最初はIIをやろうと思っていて、探すとPS2が近くにないものですから、無双IIIを取り出しました。うーむ、腕が落ちている。そりゃ、やらなきゃ腕も落ちますわね。無双IIIも比較的戦いやすいキャラとそうでないキャラがいて、攻撃範囲が狭く、効率的にダメージを取る方法がないキャラほど、難しくなります。無双IIIからは攻撃範囲の広いキャラが増えたのですが、例外もあって、上級者向けの中でも上級者向けみたいな存在もいます。また、毎度レア武器というのが存在し、基本攻撃力の高い他、開発者の思う、そのキャラらしさが詰め込まれています。
無双IIまでは、技能はすべて習得可能で、武器の差はステータスの差に反映させられていました。それがIIIになってから、技能は篭手、鎧、武器に振り分けられ、選んで装備するように変更されました。無双の進化とは、キャラの個別化が進む進化でもあります。初代では操作方法すらすべて同じでしたからね。それがIIになって分かれ、IIIでは更に細かく、技能までも全部取れず、それぞれに合わせて選ぶことになりました。レア武器には、そのキャラの能力を活かすべく、6個の技能が絶妙に振り分けられています。技能のレベルは3まであり、これは2乗の関係で強くなります。つまり、レベル2は2^2で、レベル3では2^3になり、単純にレベルが上がれば前のレベルの2倍強くなります。レア武器には技能レベルの2か3が振られていて、微調整しながら、3は強すぎると感じたら2に下げるようにして、調整した跡がうかがえます。
でも、あえてその武器を選ばず、違う方向で強化してみることもできるのです。どこでダメージを取るかの重点を変えると、武器強化の方向性が変わります。また、各キャラには明確な性格付けがされていて、例えば鬼島津は博打好きです。それを反映するかのように、特殊技能には、体当たりで攻撃できるようになり、防御が下がる代わりに攻撃が上がるという博打な戦いができるようになるほか、レア武器には背水3の技能、瀕死の状態になると攻撃力が大幅に上昇するという、自分の身を削って一発逆転にかける戦い方ができるようになっています。
ところが、背水3は難易度地獄でやると本当に危険で、実際には使えません。一般兵に囲まれているだけであっという間に終わる難易度なので、上を目指すには背水3は邪魔になります。レア武器では通常攻撃の一発の重さで確実にダメージを取っていく方法が考えられていますが、連続でダメージを与えていくことを捨て、周囲の敵に素早くダメージを与えながら無双ゲージを確保していき、無双奥義皆伝で一発逆転を狙うように、私は武器を強化しました。といっても、武器につく技能はある程度ランダムでついてきて、変えることはできません。ある程度というのは、キャラによって武器に付属しやすい技能があるためです。つまり、いい技能を持ち合わせている武器を拾うまで繰り返しやり続けることが必要になります。面倒ですが、そうしたいい武器を待ちながら、いい戦い方とは何かを研究していくため、その時間は無駄になりません。こういう強化の方向もあるのではないかと、途中で見つけた武器で戦ってみて、ダメなこともあれば、これもできると発見することもあります。
逆に言えば、レア武器があまりに完成されていると、それ一本でなんとかなるので、楽と言えば楽だし、開発する面白さがないと言えばそうです。ただ、それ一本で本当にどうにかなるのかは、戦いながら実践していくことが求められ、暗黙にレア武器が最強だと思い込んでいたら、技能の本当の意味もわからないし、そのキャラらしい戦い方もわかりません。無双IIIには極限まで研ぎ澄まされた開発者の調整が詰まっており、そこを自分で感じていくのがひとつの楽しみです。
ちなみに、敵を圧倒的な強さで倒していくことなんてできませんよ。シリーズ最強の攻撃、無双奥義皆伝とか説明書に書いてあっても、難易度地獄となれば、それでも一般武将の1/5程度の体力しか削れないとか、キャラによってありますんでね。ではそれがつらいかといえばそうではなく、無双奥義皆伝を最初に出すことで、コンボ数を引っ張り上げ、通常攻撃の威力や練技ゲージの回復効率を上げ、敵に防御させることなく攻め継続ができるとか、ちゃんとキャラによって工夫がされています。無双奥義皆伝が強いキャラほど、他の攻撃が非力になる傾向があり、バランスはあるんですよ。さっきの鬼島津も、一発の重さを軽くすることで無双奥義皆伝の効率を上げる戦法なので、両方を取ることはできないようになっています。それもやっているとわかってくるから楽しいです。

ファミコンはどこから入る2018/03/26 23:43

完全にのびていました。三日も連続して人に会うのは久々です。薬がないと人との交流ができない人間ですから、三日間は刺激が強すぎて、今日は隔離して過ごしました。昼寝をちょこっとだけしました。刺激で何かがおかしく、寝ないときつい状態でした。年度末はやることが重なることはあります。疲れもたまりますわな。委託を終えた疲れも取れないうちに行動していますからね。それでも今日は薬を使うのはやめて、なるべく自然回復に努めました。何かがおかしいけれど、薬を入れなくても何とかなる範囲なら、薬に慣れたくないもので、おさえました。

こんな話は面白くないですね。昨日の話で、やっておいた方がよいファミコンソフトについて話が出まして、いきなり振られても私だけではいい考えが出ず、よくよく考えてみることにしました。昨日は伝説のクソゲー、トランスフォーマー コンボイの謎を体験していただきました。これはぜひ一度やっておくべきゲームのひとつでしょう。しかし、ファミコンはソフトの種類が多すぎて、これぞというものを挙げるのが難しいです。おまけに10年現役でしたから、時代により技術も傾向も異なり、一概にどれ、とは言えないものです。ディスクシステムにもいいソフトはありますが、ディスクは動く本体を手に入れることも大変な時代で、これまた難しいのです。電池内蔵のソフトは、電池が切れていては、レトロフリークのような本体が必要です。よく考えれば、ファミコン本体は何がよいかから始まっていますからね。
ファミコンと言えば初期のあの赤と白の形ですが、接続がRFなのは今の環境だと厳しく、でも本体にコントローラーが納まったり、1Pと2Pでコントローラーが違ったり、独特の四角いコントローラーを体験するだけでも意味があります。2Pにはマイクもあります。私が使っているのはNEWファミコンで、RCA出力な上、コントローラーも角がなく、1Pと2Pが同じで、マイクがありません。昔のファミコン全盛期の感覚は、この本体からは味わえないのです。ツインファミコンはRCA出力で、ディスクもファミコンも使える、今思えば理想的な機械でしたね。値段はその分高かったですけど。今は互換機がたくさん出ていて、HDMI出力もできます。でも画面のドットがきれいすぎる感覚は、当時と離れていて、ぼやけることによる滑らかさを体験できないのは、いいような悪いような。現実的には、互換機かNEWファミコンを中古で手に入れるのがよさそうです。ただ、NEWファミコンは高いです。純正品のため、動かないソフトはないのが利点ではあります。
ソフトを考えると、何がよいでしょうか。私はファミコン初期の任天堂ソフトを同人誌で分析しておりますが、その立場から言うと、ファミコン発売は1983年7月15日で、初期の歴史の転換地点は1985年1月のアイスクライマーです。ここは過去の特徴とその先の特徴のひとつの分かれ道で、その年のスーパーマリオから新しい歴史が始まります。すると、まずファミコンが浸透するまでの第一期の中からひとつ選びたくなります。うーん、ドンキーコングJr.かな、あえて一本だけ選ぶとすれば。技術的にはF1レースがあります。で、その先の時代はまずスーパーマリオでしょうね。
同じ時代、コロコロコミックとタイアップしながら歴史を積み、高橋名人という、当時はファミコンを知らない人でも聞いたことのある人間を生み出し育てたという意味で、スターソルジャーも推します。スターソルジャーは稼ぎと動き、演出が完全に一体化しているために、今やっても古さを感じない点でも秀作だと思います。
パズルゲームではソロモンの鍵がよいのですが、迷宮封印のための真の攻略があまりに難しすぎて、少し無理を感じます。適度な難易度なら、バベルの塔はいい作品だと思います。ナムコにしてアーケードの移植作品でないのも評価点です。ファミコンらしさを感じます。
RPGだと時間がかかって大変なので、RPGはやらなくていいように思います。伝説のクソゲーで、星を見る人は体験する価値が・・・ないですね、ないと思います。個人的にはFF IIIを推します。ドラクエよりこっちです。ドラクエとは異なる視点で技術と容量の限界に挑んだ作品です。DSでのリメイクもほとんど変わらないらしいので、そちらでやれる利点もあります。一時期リメイク版が売り場に出ている頃の映像の途中で、音楽の山場に水の巫女エリアを持ってきていたのは、すごくわかっていると思いました。FFのメインテーマがある中、FF IIIのメインテーマは水の巫女エリアであると思います。また、RPGにおいて裏の攻略とは何かを教えてくれるゲームです。正統派のやり方がきっちり確立されているゲームゆえ、そこからいかにそれたやり方をやれるのか、発想でいくらでも面白くなります。魔導師ハインを倒すのに学者はいらないし、ガルーダ相手に竜騎士もいりません。そんなことが可能なのか、常識を超え、ありえないほど効率的にお金を稼ぐ方法もあります。もちろん、二周目以降ですよ。一周目は無理です。わかっていないとできません。

メーカーごとに推すか、ジャンルごとに推すか、いろいろあるでしょう。任天堂ならマリオ、カービィ、ゼルダなど。カービィはファミコン最後のミリオンセラーとなりました。カプコンならロックマンとか、現在にも系統の残るゲームの原点をファミコン時代に確立しているものが押さえどころになると思います。一方で、時代を築きながらも、ハドソンのように買収、解体されてしまった会社もあり、コナミのようにゲームを捨てようとしている会社もあります。今でもゲーム産業に残り続けているSEGAのゲームのほとんどはファミコンで遊ぶこともできません。現在はゲーム業界大手でコーエーテクモになっているテクモは、社名がテーカンの時代からある会社なのに、ファミコンでは案外地味なゲームしかない会社もあります。
ファミコンについては、これだけは押さえろ、というより、勘でいいから適当に手にとってみて、ファミコンの技術的なところを読み取っていくのが面白いかもしれません。

イタリア村暮らし2018/02/10 23:38

どうもこのところ不安定です。今日は薬が回りすぎている状態で、いわゆるでろでろになっていました。頭も働かず、目も動かず、起きているのに寝ているかのような感覚で、使い物になりません。本を読んで過ごすにも、頭に入ってこないし、ゲームをするにも無理があります。そんなに眠いわけでもないのに、あらゆる感覚が生きていないと、眠いような寝ているような、不思議な状態になります。しょうがない、寝て過ごすか、となるのでした。
ひとまず寝ました。だいたいは時間がたてば何とかなるものです。復活したのは17時というところです。何となくテレビがついていました。そして始まるタイムボカン・・・。見ているわけではないのに、たまーにやっていると何となく見ていることがあります。あんまり刺激的でもないゆえ、おとなしく見られます。何気にこれ、勉強になるんですよね。実際の過去に飛んで行って、歴史的事実を紹介しつつ、謎の展開も待っているため、手軽に歴史を学ぶことができます。学びながらの展開はいいですよ。
その後は私にとって重要な、イタリア村暮らしが始まります。正式名称は、イタリア小さな村の物語、ですが、私は村暮らしと呼んでおります。イタリアの村で生活する人の日常に密着し、その人の過去の話をし、人と暮らしを見ます。毎度スポットの当たる人は二人で、交互に様子を見ていきます。番組から特に人が出演することはなく、語りだけがあります。話も字幕で、吹き替えはありません。あくまで小さなドキュメンタリーです。村に生き、生活することの素晴らしさや苦悩、日常を見ながら、生きるということを感じる番組です。旅番組ではなく、うるさい騒音もなく、落ち着いた番組で、中身もとても充実した一時間です。
東芝が単独スポンサーをしているため、一時期どうなるか不安ではありましたが、この時間の東芝は本業である重電と半導体の宣伝ができるためか、安泰です。ただ、毎度新しい内容ではなく、同じ内容が二回放送されます。どうも少しずつ取材しているようです。そういう時は、裏番組を見ます。非常に危険な裏番組です。

普段テレビを見ない私ですが、刺激が少なく、落ち着いた番組なら見ます。土曜日の少ない楽しみです。