香りをまとう2018/06/23 13:17

このところ倒れているだけで何もできていません。思っていた以上におなかの状態が悪く、このままだと日常生活すらまともに機能しません。印西でどうなるのか・・・。
先の見えない話は放置し、香りのおしゃれについて話します。私が季節を感じるのは匂いです。多くの人は見た目の自然で感じるかもしれません。私はそれにあまり情緒を感じなくて、季節の花の香りで季節を感じます。こと、春はじんちょうげですね。もうこれは外せません。桜なんて私には何にも感じることがなくて、でもじんちょうげは春を感じます。これは、取手の家にあったからでしょう。取手の家には立派なじんちょうげがあり、春休みにそこへ行くと、必ずいい香りがしてきました。でもおじさんはじんちょうげがしつこくて嫌いでした。じんちょうげはおじさんが亡くなって数年後に寿命か、枯れました。呪いですかね。30年くらい経っています。うちの近くの家でじんちょうげがあり、今はそこで救われています。取手の家のじんちょうげがあるときは、そこから一枝持ってきて、部屋に置いていました。早稲田では大隈講堂の前にあり、季節になるとその場所へ行って、いつまでも立ち止まっていました。
梅雨は雨と土の香り、秋はキンモクセイなど、香りで季節を感じます。私が香りに目覚めた最初のきっかけは、祖父の持っていた白檀の扇子でした。紙が貼ってあるものではなく、全部白檀で、彫り加工が施されています。おそらく高いと思います。専用の木箱に入っていました。この香りのよいこと。欲しいとねだったけど、さすがにもらえませんでした。小学生のころでした。
それで私が白檀好きになり、祖母は京都に旅行へ行くと、白檀の匂い袋やお香を買ってきてくれ、今でも衣料部様から誕生日には白檀系のお香をもらっています。夏になると、毎晩お香をたくのが楽しみです。気分によって、白檀系を使ったり、インド香を使います。インド香も20種類くらい揃えています。
そして、香りは自分につけて持ち歩くことができるんですね。香水と世の中はひとくくりにするけれど、濃度によって呼び方が違い、私は香水ではなく、オゥ・ド・ドワレを使っています。二種類持っていて、主に使っているのがCHANELのALLURE HOMMEです。最初はEGOISTEの方を買おうと思っていたけれど、ALLURE HOMMEが出て、そちらも捨てがたく、結局そっちにしましたが、今はEGOISTEも買おうと思っています。使い分けたいです。
いろんなブランドの、いろんな香りを試しました。でも、行き着いたのはこの名前を挙げた二種類です。まぁ、もうひとつはDIORのDUNEで、こちらもまたよい香りです。最近あまり使っていません。実はALLURE HOMMEもEGOISTEも、白檀がベースなんです。最初は知らず、好きな香りで行き着いた、自然の結論でした。よっぽど好きなようです。
香りは一日出かけるような時に主につけます。一人でJへ行く時なんかもつけることがあります。香りがあると落ち着くんです。普通は手首につけるのですが、服につけます。白い服はしみになる可能性があるのでさすがにしないですけど、すっとね、一発吹くと幸せが続くのです。世の中香りを嫌う人もいますが、もったいないように思いますよ。
でも、コミケにはつけていきません。あまりに多くの人にもまれ、しかも待ち時間の間、長時間にわたって固定されることがありますので、香りが周囲の人にしつこいかもしれないからです。ワンフェスが終わったら、CHANELへ行ってEGOISTEを買ってきたいと思っています。

おしゃれはしたい2018/06/21 23:11

ガルモ4の延長で、少しおしゃれの話をしましょう。
私は昔は派手好きでした。サイケで明るい色の服を好み、いろんなものを着ていました。やせていたこともあって、おじさんが若い頃着ていて、太って着られなくなったものを譲ってもらい、高いものもたくさん着ていました。今でも夏物はいいものをけっこう持っています。恐ろしいことに、母が若い頃に着ていた服も持っています。高校生の頃は靴下にこっていて、個性的で面白い柄の靴下なら、お金を問わず買っていた時期もあります。
病気になってから、自分の根本がネガティブになったこともあり、派手さは取れて、今は歳も考えると、ネタで着るものはともかく、落ち着いたものを選んでしまいます。しかも安いのばっかし。今の季節にはくジーンズは、色違いで同じものが三本。今度廃盤になることを聞き、買い足しました。ちなみに、ジーンズはインディゴブルーをはかない主義です。色は黒かサンドだけです。赤をはきたい欲求はあるのですが。生地を買いに来る関係で、服はほとんどサンキです。サンキは安いですからね。値段じゃなくて、安くても自分が好きなものを着られればいいかなと思っています。
私の友人のKGCなんかは、服だけ金をかける人間で、彼はものすごくいいものを着ています。ブランド料ではなくて、同じものが二着とないものが主流です。染めから全部やっているものを着ていて、店もご指定、顔パスですよ。見た目はチャラ男ですが。ああ、中身もチャラ男かな・・・。でもなぜか、そんな彼と一番人生観が合うのはどうしてなんでしょうか。
私がちゃんとお金をかける部分は、靴です。これは機能的にしっかりしたものを選びたくて、高いものを買っています。っても、ランニング用スニーカーが中心なので、相場は7000円くらいですか。革靴とかは履きません。
私の基本は、実はキャラ物なんですよ。こと多いのがハンカチとバッグですね。バッグはキャラ物で欲しい物は、高くても買います。ただ、萌え系は使いません。今もっとも多いのがぐでたまです。バッグの中は更に小さい袋に分割して入れておりまして、ぐでだらけです。ぐでのバッグでいいものを見つけると買っています。日常的に持ち歩くバッグは一ヶ月に一度くらいの割合で変えていて、新しく買う場合もあれば、前のものに戻すこともあり、その時の気分で使い回します。それとは別に、特別なお出かけ用の高いバッグも持っていて、それこそこの前の図書委の飲み会はそれで行きました。
腕時計は4本を目的に応じて使い分けていて、これが一番高いです。最高級が、ORIENT STARのフラグシップモデル、Vintage Skeltonです。金と銀があって、高い方の金を選びました。高いからではなく、金の方が色が好きだったからです。世界で500本しかない時計です。たまにここでも写りますね。一日出掛ける時はこれを使います。手巻き機械式です。スケルトン構造にするために、自動巻きに必要な重りが入っていません。手巻きのため、出かけるときに時刻合わせをする必要があります。なので、とっさに出掛けるときには使えず、一日出掛けるとき限定で使います。この時計の話はまだ実はしていなくて、すごく意味を持たせて買いました。そのうちネタにしましょう。
それでは日常不便ですので、ちょっとした時用に、電池式を2本持っています。これもひとつは買い足したもので、買った意味があります。最近は日常的にこれを使っており、印西ではこれです。もちろん、一日用のあちらも持ってきてはいます。一番長く使っている電池式は、ゲーセンと散歩専用、もしくは気分でこちらを使う感じです。こいつは軽いからです。ゲーセンで戦う時に重い時計は邪魔で、散歩でも同じです。ちなみに私は、ちょっと出掛ける時でも、必ず腕時計をします。例えコピーをビニコンに取りに行くだけであっても。
あと一本の機械式が自動巻きなのですが、ちょっと使い勝手が悪いです。さすが古い時計だけあります。カレンダー機能がついていても、これを合わせるのがすごく面倒だし、時刻合わせも他の時計と逆巻きなのがネックです。1960年代のものだから文句も言えません。精度はまずまずでしょうか。さすがにリストアはかけているので、正確に動きます。性能的にはORIENT STARにかないません。
イベントに持っていく懐中時計もひとつあります。これが不思議なことに、今でもちゃんと動くんですよ。いつ頃の時計なのか、未だにわかりません。おそらく1930年代ではないかと思うんですけどね。もし狂いがひどくなっても、直してもらえるということは聞きました。メーカーはロンジンなので、ロンジンは専門店に持っていけば、どれだけ古いものでもメンテしてくれるそうです。あ、ワンフェスでは目覚まし時計を持って行っているんですよ。小物の棚の後ろに置いてあります。
ちょっとしたおしゃれが時計にはありまして、時には長袖の上から、わざわざ見えるようにつけます。 これは血なのだろうか・・・。ええ、うちの父は時計屋の息子です。店は兄が引き継いでいます。時計だけはしっかりしたものをつけろと言われてきました。あと、おふろ以外、すべての部屋に時計があります。私の部屋には3個、場所によりどこからでも必ず見える時計があるようにしてあります。

だんだんおしゃれと離れてきました。見えないおしゃれもあるんですよ。それは香りなんですな。

ガルモ4がなぜ好き2018/06/20 13:05

ガルモ4の続きのお話です。これをただ物を売るゲームとなめてはいけません。それぞれの人生があります。例えば、就職するのに面接があるのに、面接へ行く前に水溜りでコケて泥だらけになり、店に救助を求めて入ってくるお客さんがいます。このままでは面接へ行けませんで、服を選んであげます。元々かなり地味な服で来ているので、面接に適したしっかりしたコーデを選びます。どうコーデすればよいかは、やっているうちに理論化されていきます。服にはブランドとコーデ属性があります。それぞれブランドは売りの属性がありますが、必ずしもそれに限らず、いくつかの属性の物を売っています。それは仕入れるまでわかりません。基本はコーデをひとつに統一することが絶対条件です。在庫は様々な条件で検索ができ、面接に適しているのは、私はぺリッピーを選びました。制服のようなスタイルで、アーガイルチェックを多用したデザインが特徴です。面接にポップな恰好で行ったらおかしいでしょう。お客さんの半分くらいはテイストで指定してきますが、このように、状況で最適なものを考えることも出てきます。今のところ、状況をすべて悪い方向に持っていくネガティブプレイはしていません。まだ一周目ですからね。てか、クリアがあるのかわからんし。
面接へ送り出し、そのうち合格しましたと報告に来ました。すると、今度は新入社員歓迎会に招かれるのですが、上司もたくさん来るし、あまり目立ちすぎるのは印象がよくないので、ここはベーシックの服で適度にコーデしてと頼まれます。実は色も細かく分かれており、こういう場合、ベーシックでも赤や黄色を多用してがっつり目立つ組み合わせにするとどうなるかはわかりません。私は無難に青や白を合わせてみました。
その後、歓迎会の様子を報告しに来てくれます。写真まで見せてくれます。そこで友達が新しくでき、友達とナス料理専門店へ行くことになりました。友達はガーリーなコーデが好きなので、それに合わせたいと、ガーリーコーデを選びます。
友達と息が合い、今度は友達を家に招くことにしました。家でも過ごしやすいようなガーリーなコーデを選びます。その人は就職のためにこの町へやってきて、この町で絶対友達を作りたいと思っていて、その夢がかないます。
今度友達を、とっておきの場所に連れて行きたいので、それに合わせて再びガーリーなコーデを頼まれます。さて、どこへ行くかは秘密です。で、それはなんとこの店なのでした。友達を連れてうちの店に来てくれます。そして、ここでおしゃれを助けてもらったことを紹介し、今度はその友人もうちの常連になっていきます。

と、こんな感じで、いろんな人の人生におしゃれで関わることで、その人の生活を影で支えていくのです。こうした流れがたくさん並行して起こります。私はそもそも、服を人のためにコーデしていくことは昔から好きで、昔はよく服の相談もしたし、今でも服については周囲のアドバイスも受けます。すっかりしゃれっ気がなくなったことを嘆かれる日々ですが、根本的には嫌いじゃないんですね。決めていくときには決めますよ。
ただ、すごく女性的感覚が必要なゲームです。私は姉がいるし、ものすごく母っ子、祖母っ子だから、女性的おしゃれ感覚はすごくわかります。まぁね、小学生のころなんかは、母と祖母の服選びや、手芸用品選びにしょっちゅう一緒でした。大事なことなので言っておきますが、その経験がなければ今の製作業はやっていけません。祖母は造花、籐、革をやっていました。こと、革は商売もしていました。母はいろいろだな。多すぎてわからんくらい多いですね。そういうのがあって、サンキや田原屋での生地選び、やがてはJ本2へ行き着き、高校生の頃、守谷にJ本の本店が移り、J本2の大きな店ができました。そこで様々な手工芸の知識や興味を培ってきたのです。今使っている絵の具も、元はその時代の出会いです。今のJ本は印西が本店ですけどね。お世話になっています。一人は本当に服飾方面の学校まで行ってしまいましたが。
おしゃれ感覚とか、何かを作りたいとか、こういうのはすごく近い位置にあるものだと思っています。なぜか。自分だけのおしゃれを求める人は、最後は作るからですよ。ガルモ4は、私にはゲームをしている以上に、自分が好きなことをしている、夢をかなえている感覚に近くて、このゲームに出会えてよかったと思います。今は毎日やっております。なんせおなかが悪い時は、横になってこれをやるに限るのですよ。時にそれどころじゃないほど悪い時もありますがね。

ガルモ4に熱中2018/06/19 12:56

おなかの調子は、今のところどんどん下に落ちていっています。もともとこの状況に一度なってしまえば、治るのには半年くらいみておかなくてはならないわけで、そりゃ単純に解決しません。食事のたびに動けない、食事を一度すると、たとえ空腹に戻っても、苦しい時間がずっと続く状態で、本当に印西に戻れるのか、微妙になってきました。ただ帰る日が延長されていきます。それで動こうと思っても動けず、究極の空回りを経験させられているところです。思えばこれになるのも三回目、あきらめも慣れもつきまといます。慣れてどうすると笑われそうで、病気には慣れが大切なのです。
そんな中で小さな喜びとして、Girls Mode 4がささやかな楽しみになっております。始めたのは5月の30日だったかな。ゲーム開始日がゲーム内の日と連動し、毎日一日ずつ進めると、リアルタイムで進められるのです。が、もうかなり進めてしまい、すでにゲームの中では7月も後半に入っています。
開発はsyn Sophiaで、販売は任天堂です。いやね、こいつはすごいですよ。ゲーム開始日、いきなり新しい町におじさんに連れて来られ、おじさんのやっているブティックに案内されます。それは母から継いだ、主人公から見れば祖母からやっていたお店で、少しは固定客がいる小さな店です。で、いきなりその店を託されます。おじさんは自分の本当にやりたいことはこの店じゃないんじゃないかと思い始め、新しくやりたいことを見つけるため旅に出ます。でもこの店を残したく、その経営を主人公に託すのです。主人公は若い女の人で、最初はビジュアルを設定します。なおこのビジュアルは、化粧や髪型、肌の色などは途中で変更できても、顔立ちや身長等は途中変更できません。
店は婦人服専門なのに、よく男一人で切り盛りしてきたと感心します。で、一人じゃ大変なので、バイトを一人雇います。これも最初に選んで、変更はできません。最初はチュートリアル式に物語が進んでやり方を覚えていき、一週間もすると本格的に切り盛りが始まります。目的は、儲けることじゃなくて、やってくるお客さんのおしゃれに協力していくことによって、その人の生活や人生を動かしていくことです。一応、出てくる漢字にはすべて仮名がふってあるし、専門用語はすぐその場で意味を表示できたり、プレイする年齢層は幅広く考えてあるようですが、やってくるお客さんが最低でも高校生なので、てか、子供服はないから来ないので、生き様も大人の事情がかなりあります。読み仮名が必要な年齢層にはできないと思いますぞ、これ。
儲けることが目的ではなくても、お金がないと商品のバリエーションを増やせず、苦戦してしまいます。また、途中から入ってくる高級ブランドは、仕入れ値が高く、お金に余裕がないと十分に入れることができません。お金はそれなりに大事です。営業は完全にブラックで、年中無休、バイトに休みもないし、売り上げから給料を払うこともありません。まぁ、その辺は笑うとしましょう。本人が店を外すこともできますが、バイトは物を売ってくれず、売り上げは自分が声をかけたお客さんに対して発生します。あと、途中からスタイリストの仕事も入るので、そちらでもたまに入ります。スタイリスト料はかなり高額で、おそらくゲームがうまく進められない人のための救済っぽいです。
店でお客さんに声をかけると、会話の後にその人の注文が入ります。それに合わせて物を出します。最初は一品だけ買っていくお客さんが多めですが、進むとフルコーデが多くなります。もちろん相手には予算があり、その予算内で欲しい物を揃えます。お客さんの情報はプロフィールカードというのに保存され、それぞれ好みがあります。お客さんの数も恐ろしいほどいるようです。途中からできる紳士服店を手伝うことで男性のお客さんも知り合いになっていくと、多分500人以上は出てくるのではないでしょうか。それぞれに人生があるのですよ。さすがに全部のお客さんの好みを覚えるのは無理ですね。もちろん、好みから外れても問題ないですが、好みに合ったものを選ぶと、確実に売れます。
と、長くなりそうなので分割しますか。今日はここまで。