イタリア村暮らし2018/02/10 23:38

どうもこのところ不安定です。今日は薬が回りすぎている状態で、いわゆるでろでろになっていました。頭も働かず、目も動かず、起きているのに寝ているかのような感覚で、使い物になりません。本を読んで過ごすにも、頭に入ってこないし、ゲームをするにも無理があります。そんなに眠いわけでもないのに、あらゆる感覚が生きていないと、眠いような寝ているような、不思議な状態になります。しょうがない、寝て過ごすか、となるのでした。
ひとまず寝ました。だいたいは時間がたてば何とかなるものです。復活したのは17時というところです。何となくテレビがついていました。そして始まるタイムボカン・・・。見ているわけではないのに、たまーにやっていると何となく見ていることがあります。あんまり刺激的でもないゆえ、おとなしく見られます。何気にこれ、勉強になるんですよね。実際の過去に飛んで行って、歴史的事実を紹介しつつ、謎の展開も待っているため、手軽に歴史を学ぶことができます。学びながらの展開はいいですよ。
その後は私にとって重要な、イタリア村暮らしが始まります。正式名称は、イタリア小さな村の物語、ですが、私は村暮らしと呼んでおります。イタリアの村で生活する人の日常に密着し、その人の過去の話をし、人と暮らしを見ます。毎度スポットの当たる人は二人で、交互に様子を見ていきます。番組から特に人が出演することはなく、語りだけがあります。話も字幕で、吹き替えはありません。あくまで小さなドキュメンタリーです。村に生き、生活することの素晴らしさや苦悩、日常を見ながら、生きるということを感じる番組です。旅番組ではなく、うるさい騒音もなく、落ち着いた番組で、中身もとても充実した一時間です。
東芝が単独スポンサーをしているため、一時期どうなるか不安ではありましたが、この時間の東芝は本業である重電と半導体の宣伝ができるためか、安泰です。ただ、毎度新しい内容ではなく、同じ内容が二回放送されます。どうも少しずつ取材しているようです。そういう時は、裏番組を見ます。非常に危険な裏番組です。

普段テレビを見ない私ですが、刺激が少なく、落ち着いた番組なら見ます。土曜日の少ない楽しみです。

自己最高記録更新2017/12/22 23:58

アキバの委託更新に明日行ってきます。工芸部の商品紹介をしたいところで、本日は遅くなってしまったため、ワニワニパニックのことを書きます。今日でゲーセンサークルは2017年の公式活動を終了しました。来週は私がコミケに行ってくるためにおそらく集まるのは無理で、ならば来週はもう休みにしましょうかとなりました。よいお年をです。なーんか、そう言うの早いなと思いながら、冷静に見れば今年も残り一週間程度となっていて、言ってもおかしくない時期にきていました。ああ、やり残していることが多くあります。明日が終わったら少し頭を整理します。
ワニワニパニックで、ついに自己最高を記録しました。インチキではなく、二人立会いの下の結果で、これには自分でも驚きです。一回目はパターンが悪く、思った以上にかまれました。本気モードになって最初の攻撃が、全員同時攻撃ではどうやっても防げません。二回目をやり直すと、パターンのよさがありました。それと、多少攻撃順序も考えました。一度叩いたワニが再び攻撃してくるまでは少し時間があるため、ハンマーの構える位置を手際よく変えていくことが勝利への鍵でした。
それにしても、ミス0とは、我ながらよくできたものです。素早く叩く早回しもきいて、97です。97はかなり早く叩かないと出せません。今までは92前後の点数をうろついてきました。もしかしたら、何回かに一度はやりやすいパターンが来る可能性もあります。まだまだやりこみましょう。これくらいのスコアが安定してくるとかなりのものです。

壊れたコントローラー2017/12/19 23:49

以前スーパーポテトでメガドライブの6ボタン互換コントローラーを買ってきました。私は本物の6ボタンコントローラーを触ったことがありません。ただ、形は互換のものでもほぼ一緒のため、おそらくこれに近い感触だと思います。大きさはほどよく、何より十字の入力が正確にできるのはとても魅力的です。買った当初は、キーを一度左に入れると、ずっと左が入りっぱなしになる問題があったものの、なぜかそのうち解決しました。しかし最近になって下キーのききが悪くなり、ついにはきかなくなりました。押しても返しがないのです。普通なら、内側に入っているシリコンゴムのぺこぺこした感触が返ってくるのに、それがなくなっています。うーん、仮にシリコンゴムが切れても、押し込めば通電するはずが通電しないとはどういうことなのでしょうか。仕方なくコントローラーを分解することにしました。
結果、重要な部品が折れていました。これってそう簡単に折れては困るだろうと思うのですが、見事にいっていました。これが折れると、押し込む部分がなくなるために動かなくなります。どうするか。そりゃひとまず接着するしかないでしょうねと、くっつけたのが上の写真です。
素材がスチロールかABSかですが、触るとスチロールのようです。で、折れた部品のメンテのためにパーツを外したいところで、外すことはできないため、このまま直すことになりました。本当なら、裏からパテ盛りしないと十分な強度が確保できない部分で、これで今後も折れないかはかなり心配です。衝撃がかかるため、溶剤系接着剤でつけました。これだと密着性が高まり、衝撃には強くなります。欲を言えば薄いプラ板で補強したい場所です。しかし、こちら側からやれば、当然入力の具合が変わってきてしまうため、十分な厚みの補強はできません。
溶着が安定するまで、数日は放置します。普通なら、こんなに早く壊れれば保証期間でしょう。っていうか、こういう壊れ方は一番あってはならないことです。形と機能を見ると、どうもコロンバスサークルのMDコンパクトのコントローラーのようです。ただ、コントローラー単体では売っておらず、そこはスーパーポテトの働きかけで、コントローラーだけを提供してもらった可能性があります。コロンバスサークルの商品はすごくよいところをついてきているんですが、品質管理は大丈夫なのか、ちょっと不安になるところがあります。FC POCKET も初期不良があって、コントローラーもこうくると、なーんか、心配になります。私の運が悪いだけでしょうか。

パワー型のあり方2017/12/18 23:18

うーん、BK III は地味だなぁ、と思うのでした。普段あまり使うことのない、IIIだけのキャラ、ZAN を使ってみます。一応、IIIの中では最もパワーがあることになっており、案外スピードもあって使いやすいキャラです。ただ、打撃の威力はめっぽう弱く、その分異常なほどリーチは長くて、つかんでからの攻撃は、どんな攻撃方法でもダメージが安定する利点があります。正直、パワーがあるかといえばそうではなくて、投げの連係が効率的というだけでした。これでキャラスペックのパワー最大な意味がわかりません。スキの少ない攻撃で安定したダメージを取れるのは事実でも、状況によるダメージの取れる能力は、4キャラいて3番目でしょう。
BK II には MAX という超パワーキャラがいました。その攻撃力は他のキャラの2~3倍になり、一発の大きいキャラです。ただ、動きは遅く、大きなダメージを取るには時間がかかる欠点はあります。なので、一概に強いキャラではなく、使い方次第で強くなる上級者向けキャラになっています。とにかく取れるダメージが大きく、大技を決めたときの快感はこのキャラ特有の物で、わかってくるとクセになります。
こういう激しいキャラが III になっていなくなりました。というか、IIIの敵はIIに比べると難易度を上げても体力がさほどなくて、MAX のようなキャラがいなくてもなんとかなってしまいます。IIではザコでもボス並の体力のある敵がウヨウヨいて、大きなダメージを取ることは重要でした。連続技をきっちり決められる能力がないと、どうしようもできません。III はジャンプキックを振り回しているだけでも最強難易度をクリアできますからね。ジャンプキックが強すぎる上に、時間制限がないので、逃げているだけで誰でもクリアできるのです。

何がパワーなのか、IIIを作った人間はわかっているんだろうかと思ってしまいますのぅ。何かずれているんですよ、ゲームとしての肝が。