木の仕入れ2018/06/22 12:09

まったく印西へ戻れる気配のないまま、一週間がたってしまいました。冷蔵庫のキャベツが乾燥しているかもしれない・・・。と、それはともかく、印西へ行く前に木だけは仕入れておきたく、買いに行きました。設計はこの前考えたつもりでした。で、それに合わせて買います。
しかしチークが高いんですね。チークの900材が取れなくなってからチークは値上がりして、材料も短くなりました。450材だとかなり余ってしまう微妙な長さです。で、450材の45幅を結局20枚買うことになったのですが、いやいやすごい値段ですよ。うーん、もうちょいコストは下げられないものかなぁ・・・。買って、銀行へ行くためにIYへ向かいつつ考えました。IYの座れる場所でよく考えた結果、見えない部分にチークとヒノキの複合材を使うことでコストが下げられることがわかり、急いで買いに戻ります。
今日はゲーセンの日なのに、家具の設計をしっかり練りたくて、Jに出るのでした。本来なら印西へ帰っているところだし、向こうも私が来るとは思っていないでしょう。だからいいです。てか、今ゲーセンに行っている余裕がありません。仕事しないと。
おなかが悪くて冷たいものは飲めないし、かき氷はとても無理です。いつもの膨慢感が出てから出かけるのは大変なため、食事をJにして考えます。最近買った、透明な定規が家具の設計に役に立ってくれました。家具は実寸大で設計を書き、大きさの感覚を見ます。
あれ、何か小さいな。実はたんすを作っています。過去、最初に参加したワンフェスで一度きりたんすを一個、試作を売っていて、それ以降は作っていません。展示用にひとつ作ってありますが、あれは展示用だから手間もかけられます。あれより簡単で、なおかつ引き出すために完全な機能を持ったたんすを考えていました。でも実寸大で描くと小さいですぞ。何が問題かというと、段数が少ないことです。5段で考えていたのがまずいようで、6段にしないと適度な大きさとは言いがたいものでした。
まずい、材料を5段で計算して買ってしまった、これでは超限定商品になってしまうではないか。構造が同じでも、ヒノキとチーク、チークはオイルを二色で作り、全部で三種類あります。ひとつあたり5個になってしまい、しかも見本を取ると4個ずつとか、まったく商売にならん数です。うーん、もう一度材料の数を確認して、仕方ないから明日電話して買いに行けるかどうか頼んでみますかね。土曜日は休みなんですよ。それをお得意様として進入するという無謀を頼もうかと。まぁ、印西へ行くのが月曜日になるなら、そう無理することもありませんが。ちょっと様子見ですね。
銀行は畳用のバイアステープのお金を振り込んできました。以前は三菱UFJ銀行だったのが、三井住友に変わってくれたおかげで、四街道でも振り込みができます。便利になりました。