委託の注目商品2018/06/18 01:34

今回の委託の注目商品を紹介します。
まずは衣料部から。オビツ11用キャミソールと、オビツ11用ショートパンツが新商品で入りました。ワンフェスより先駆けての投入です。セット売りではなく別売りで、組み合わせを選べます。キャミソールは450円、ショートパンツは550円です。キャミソールは首まわりが開くようになっており、着せやすいよう工夫されています。
ブレスレットは写真の見栄えでつけておりまして、こちらは付属していません。ワンフェスで販売する予定です。今後、委託への投入も考えています。場所さえあれば・・・。
工芸部では、まず棒アイスが入りました。先月はチョコアイスでしたが、今月はソーダとかラムネ味になっております。チョコアイスと棒アイスは、手間の違いから別商品に分かれまして、こちらは40円です。従来品と少し仕様変更があり、アイスとアイスの棒のわずかな隙間が埋められています。棒を通すために1mmの穴を開けていますが、棒が平たいために、ほんの少し隙間が残ってしまいます。それを埋めるようにしました。あんまりうれしい感じじゃないですね。微妙な手間をかけています。
かつて棒つきあめとして売っていたものを少し変更して、チュパキャンができました。以前は透明感のあるあめだったものが、チュッパなんとか風になっています。あめそのものも大きめにしてあり、様々なフィギュアで持たせてもおかしくないサイズにしました。
味は5種類あって、左からバナナチョコ、ストロベリーミルク、ブルーベリーヨーグルト、ソーダレモン、すいかです。カラフルに攻めました。すいかは攻めすぎかなと思いながら、面白いのでやってみました。ひとつ40円です。
皿に新種が登場し、角皿が登場です。基本的には丸皿と同じ素材と仕上げで、形を角にしております。作り方がまだ成熟しておらず、サイズの差がちょっと気になるところでして、それはこれから考えていく課題となりました。実は丸皿よりも手間がかかります。値段は60円です。
こうした串物を乗せるのにいい質感があります。ほぼ串物を乗せるために作ったと言ってもよいでしょう。このように平行置きするもよし、斜めに置くもよし。様々に楽しめます。当面は白と黒で生産しようと思います。他の色も面白いと思いますが、まずは基本の色から始めます。
何だこれは、と思われそうなアイテムが登場しました。木刀です。今までありそうでなく、多分市販アイテムでもないのではと思われます。なんと、一本ずつ手で削り出しという、非常に原始的で手間のかかる方法で作っています。元に使う木が細すぎて、電動工具で削ると飛んでいくレベルのため、手で削るしかないのです。ワンフェスより先駆けて登場で、まずはマホガニーからです。ワンフェスではヒノキも作る予定です。
木刀らしい独特のしなりを入れて、表面はオイルで仕上げました。で、実際持たせるとどうなるかというところです。
木刀は様々長さがあると思われ、これは約120cm程度のものを縮小した感じです。持たせ方やキャラ次第で、いろいろ化けます。この背景は何って感じですけど、事前に写真を撮る時間がなくて、リトルワールドの撮影スペースを借りて撮りました。
figmaは3mmのものがきっちり握れるように設計されているのが普通で、これは2.5mmくらいになっており、ちょっと抜けます。ただ、一概に何とも言えず、かつて出ていたfigmaの素体付属の手だと、太くて握るのが大変なんですよ。ほとんどのものは大丈夫だと思います。重くて頑丈そうな木刀より、スタイリッシュで日本刀に近いような味わいを目指しました。
値段は400円です。単純なんですが、手で削りだすために、非常に生産性が悪くてこの値段です。かといえ、ルーターで削り出せるほど簡単でもなくて、こうなりました。ちと高いです、許してください。
うちわの和紙に新しいものが入りまして、最初に売り出した時と同じ種類の和紙も入りました。涼しくさわやかなものを選んでいます。こちらは委託価格220円です。ワンフェスでも売ります。
家具に新しく、ソファのような軽い感じに座れる丸いいすが登場しました。背もたれがないため、頭の重いフィギュアは注意が必要ですが、ソファテーブルにも合わせやすく、部屋のちょっとしたインテリアとして使えます。今までうちではなかった系統のアイテムです。今回の委託では二種類入れていて、ワンフェスではもう少し増えるかもわかりません。値段は330円です。

委託期間は2018年6月20日から7月19日までです。更新はワンフェス後に行くため、ワンフェス前最後の委託となります。なるべく確実に手に入れるなら、委託で先に買ってしまうのもありです。