生き様を感じる同人誌2018/01/17 23:04

そもそも模型にすら興味が湧かないってどうなのよ、と思いつつ、コミケで買ってきた本を読んでいます。一冊とても読み応えがあり、まぁよくここまで細かく調べているという感心と、どうしてそういう資料が取ってあるかねという疑問と、人間は一度好きなものができてしまうと、案外年齢を重ねてもそのまま走ってしまうのだと、人の生き様を見るのでした。
読み物系同人誌でノリを重視しているものは、案外読みづらいものが多い中、この本は内容もレイアウトもしっかりしています。読んでいて面白く、内容も充実しており、このシリーズはまた買いたいと思いました。読みにくい本は最悪ですね。書いている人間はこの本を自分で読んでいるのかよと聞きたくなる本はたまにあります。知識と資料でまとめている本ほど書き方が大切で、実はなかなかよい本には出会えません。
この本を書いている人は、Game Legend に参加しないのかな~と、期待があります。いまやレトロゲー同人の世界は、Game Legend に中心が移ってしまいました。参加費用も安いですし、遠くから出てきても Game Legend の方が確実に売れるのでは、なんて思ったりします。私は少なくともレトロゲー分野でコミケに戻ることはありません。新しい客層が取れても、参加費まで出せるには無理があります。50冊売っても6000円程度の儲けです。参加費にもなりませんよ。

ふぅ、これで買ってきた同人誌も読み終えて・・・ないや。人様のために買ってきた本が読める。これも楽しそうですね。