恒例になってきた場所2018/01/01 23:36

あけましておめでとうございます。正月はここ数年のお決まりとなりつつある、亀崎熊野神社へ行きます。そんなに近くというわけでもなく、いつも行っているGより少し先に行ったところにあります。
とても小さく、近所の人がちょっと来るくらいです。入れ替わり人が来ても、10人同時にいることのないような、そんな小さな場所でも、甘酒と樽酒が出ます。私は飲酒をしませんが、お酒はもらってそのまま持って帰ってきます。今年は今までの更に上を行くべく、酒をもらっては別の大きな器に移し、家でみんなで飲めるように持ち帰ってきました。せこいとか言わないで、家で待っている親にも飲ませたいのです。友人たちと合流して神社めぐりをする手もあったのではありますが、コミケ帰り直通でして、事前に予定に組んでおらず、それもつらいと、近所で手を打ちました。大事なことは、新年のこの雰囲気を味わうことです。
こんな寒い季節、外で突っ立っているのはつらいと、ちゃんと火を焚いております。だいたいどこでも火は焚きますね。昔はこの火を見ながら、今年はどんな年にしたいかと、抱負を話したものでした。うーん、今年は、何も考え付きません。ひそかに、コミケに出てみたいと思っています。レトロゲー同人だけでは飽き足らず、新たな境地を求めています。もちろん、小物商でやるのではなくて、まったく別のことです。衣料部でも別商売への進出を企んでおり、それぞれ思うところはあります。同じことばかりやっていると飽きる、というのが最大の理由です。違うものを作りたくなります。それに、イベントの幅を広げていくだけでは限界も感じ、ほかの事で稼げないかとも考えます。可能性はいろいろ持っておくべきだと思います。とにかく現状は、すでに天井が見えている状態ですので、やれることをそれぞれ考え、選択肢を持つことで、底上げしていきたいと思います。
今年のワンフェスは、夏から復活します。ただ、夏はどの規模にするか、いまのところまとまっておりません。いきなり3卓取るのか、2でいくのか。他のイベントをかかえながらやっていると、2で行くのが適当そうにも感じます。そこは時間をかけて考えていくことにしましょう。

温度差なのか2018/01/02 23:36

最近運動不足が続いておりまして、基礎体力が落ちています。コミケ疲れが今日になって出ます。だいたいのパターンも感じます。興奮すると次の日まで動けてしまい、その次の日になって興奮がとけて、疲れに出てきます。なんでこんなに眠いんだろうという一日でした。買ってきたものも吟味する余裕がなく、べったりしている現状です。仕方ないですね、こうならないように鍛えることが大事なのです。できていません。今年の夏ですか、そこを狙って三日間完走を目標にします。
コミケに行きつつ、楽しさを覚える中で、入り込めない何かを感じるものもありました。結局私は、自分が活動している分野でないと、サークルの人と話すことができません。自分があまり詳しくないのもあるし、好きなものに対する配分も違います。Twitterでも何かと距離を感じることが多いです。好きなものはいろいろあるけど、そこに常に情熱を持って追いかけているかといえばそうでもなく、出かけることや人との交流を嫌う人間のため、追いつけないと感じます。レトロゲーム分野ですら、温度差を感じることはあります。
レトロゲー分野も、キャラに対して愛情を入れている人もいれば、ハードに情熱をかける人もいれば、収集熱の強い人もいます。私は今以上に物を増やそうとは思わず、自分の持っているものの温存を図っていくのが目標です。それと、知識の充実をはかり、今のところは論考を中心にしつつ、語りをするのが好きです。ちなみに、家庭用よりアーケード寄りです。家庭用ゲーム機がCD-ROMを採用する時代になってからは、家庭用ゲーム機から離れ、ひたすらアーケードでした。そのために、家庭用の時代はかなり古めです。今でも遊ぶのはMDやFCが中心ですよ。年間稼働率はMDとFCが同じくらいのレベルです。そして、いろんなゲームをやらない、これに尽きます。同じものをひたすらやり続ける人間です。これがね、世界を狭くしているようにも思いますね。
基本的に、情熱を人に見せることをしない人間でして、そのくせつまらんところにこだわりを持っているところがあります。コミケを見て回りながら、ああ、自由に表現しているっていいな~と思えるのでした。本当はいろんなところでお話してみたいのに、話せず距離だけ感じて帰ってくるこの様は何よ、と思いました。今年も多分、おとなしく、こそこそと何かをしていることでしょう。

箱根駅伝を見る2018/01/03 23:35

箱根駅伝は、もはや正月行事です。今年は二日目を見てみました。私にとっては、早稲田が何位に入ってくるのか、それだけが気になります。別に優勝しなくていいんですよ。安定した強さを見せてくれればそれでよく、今年は3位という好成績でした。ちなみに早稲田の色は、えんじじゃないんだ、えび茶なんだよ。えんじという場合もありますけどね。伝統的にはえび茶なんです。お願いだからアナウンサーもえび茶と言ってちょうだい。
早稲田には人間科学部というのがありまして、そこにスポーツ学科があります。そこでスポーツと学術の融合をはかっており、例えばどうやってトレーニングを積むべきか、科学的なトレーニング方法や、メンタル面の管理まで、スポーツと科学を融合させるべく、学問をやるのがその学科なんですが、入学式のころだと、スポーツ学科の学生たちの学問に対する意識の低さには唖然とさせられるものがあります。そこは早稲田なりのやり方を通じて、スポーツだけやっていれば許される世界ではないことをいずれ思い知らされ、学年を重ねると変わっていきます。他に、教育学部では、何かしらの分野で優秀な賞を受賞している人に対して、推薦入試を行っていて、こちらで入ってくるスポーツ学生もいるようです。ただ、この推薦は評判が悪くて、今でもやっているんでしょうか。私の当時で50人くらい枠がありました。ここで入ってくる学生は、取り残される、つまり、授業に付いてこられなくなる学生が多いのは有名な話でした。こと、語学授業でついてこられない学生が多いらしく、推薦で入れても、先に進めなくなってしまう学生の多さに、内部ではもめごとになっているとの話を聞いたことがあります。早稲田に入るには、英語ならセンター試験で9割以上取れないと厳しいです。入試をくぐってくる学生は絞られているからよいとして、教育学部の特殊推薦はそれをくぐってないわけで、それが引っかかるらしいんですよ。授業についてこられない学生を入れていても意味はあるの ? 結局学生を不幸にしてしまうようで、裏では問題でした。内部事情です。
早稲田なら一色に見えて、実は学部によって単位の取り方から休み期間まで違い、学部ごとに自治されています。学部が違えば文化が違うんですね。入学してから自分がどう動くかは、同じ学部の仲間がいなければ相談できず、学部によっては、ついてこられない人はやめていいから、ですので、おのずと生きる術を身につけさせられるわけです。私はそれが、気楽で好きでした。つきっきりで面倒見られるのは性に合わず、そのあたりは自分がどこの大学に入るかで選んでいるので、落ち着くべきところに落ち着くのです。

ドールショウがきつい2018/01/04 23:34

ドールショウの準備に追われています。それなのに調子が悪くなる一日でした。使い物になりません。薬を追加で入れるべきか、微妙なところでやめておいたのが失敗でした。難しいのです。薬を追加すれば楽になる一方、眠くなったり判断力が落ちたり、やっぱり動けない場合もあり、よほど厳しいと感じない限り薬は入れたくない実情、判断ミスで失敗しました。ドールショウに出せる品が減る・・・。そもそも1月のドールショウは厳しいですな。正月がなくなるから、二度とご勘弁と思います。正月は人付き合いやら年賀状やらコミケやらが重なり、かなり前からやっておかないと大変です。でも12月が今月は不安定月間でして、しわ寄せが今になってきております。
やることはたっぷりあるのに、Jへ来て落ち着く時間を過ごすことになりました。帰りたくないです。てか、ここでやるべきことも終わらないし。家に帰ってやるには厳しい状態でもあり、うまく調整がいかんですよ。昔はJへ来るとゆっくり本を読むことが多かったのですが、最近は文章を書くことが多くなりました。適度に頭を使っている方が落ち着きます。複雑なことを考えるのはやめておきましょう。今日はぐだっとしていいや。