メディアマックスさんから2017/08/07 23:16

ゲームインパクトラジオの、お便り読まれましたプレゼント。その中からさらに1名様に、メディアマックスさんよりファンシーなプレゼントがあります、と、どうもその1名が私になったらしいのでした。今回はその、メディアマックスさんからのプレゼントを紹介します。ちなみに撮影はJで行っております。
そもそもこの袋は何 ? としか言えません。思いっきりファンシーというか、不二家なんですけど、またどういうことなの、と思いました。で、実はTwitterでのやり取りがありまして、これを選んだのはメディアマックスの店長さん御自らだそうでございます。とてもコレクター癖のある方でございまして、ペコちゃんコレクターをしていたそうなのですよ。つまりこの袋も、コレクターとしての一品なのです。ペコちゃんコレクターってのもすごいですけどね。そういう流れでこれがやってきます。
不二家って、何気にこうしたものを出しているんですな。不二家の下膨れことペコちゃん。大きさは手のひらサイズで小さめ、小さいフィギュアとの相性がよく、フィギュア撮影のネタに使えます。これが出てきた経緯は、コレクターで集めていて、複数あったからだそうです。一般人はほぼ持ってないでしょう。首振りとは、つまり不二家の店頭に置いてあるあれがそのまま小さくなった印象ですな。ネタとしてはまったく困らない、非常によい品ですね。
何やらゴジラっぽいものだけど、これも何 ? と思いました。Twitterに投げてみると、思わぬ反応が。けっこう知っている人いるんですね。裏側を見ると、東宝の文字と、TAKARA 1988 と入っていて、状態のよさの割に年代物であることがわかりました。
これはチョロ獣というそうで、チョロQの派生モデルだそうです。こいつはゴジラの息子のミニラ。知ったような話し方ですが、Twitterでの反応からすべて知ったことです。ゴジラ詳しくないし。種類もたくさんあるそうでして、最大の特徴は、力をかけながら走らせると火花を吹くことです。火花ですよ。火花って、えぇ ? と思いつつ、言われたように試してみると、ライターの火打ちをバチバチさせるのと同じものが口から出ました。明るさがあって、内側から光り、火花も出てきます。
知らなかった、こんなものがあるなんて知らなかった。やはりフィギュア撮影のお供として活躍しそうです。ずっと火花散らしていると、そのうち消耗して出なくなりそうで、コレクターならあまりバチバチさせたくないところでしょう。メディアマックスさんのチョロQコレクションの一部だそうです。チョロQだけで2000個くらいあるそうなんで、そのコレクター魂には驚かされます。
型で抜いて作ってない。溶接した跡があり、裏も削った跡があります。なんかこれ、Twitterで見たことがあるぞ。確かメタルファミコンを作っていた人がいたはず。と、調べてみると、やっぱり。てっぱんさん作の、ゲームウォッチ風のメタルアクセサリー・・・とでも言うのか、とにかくそういうものです。本人確認とってみたら、やっぱりそうでした。今は作り方を忘れてレアだそうです。メディアマックスさんのところで買えるものらしく、それで入っていました。不思議と私の好みの物が入っています。これはどこにつけようかな。金属性のため、固いものにつけると傷をつける原因となります。普通に鍵とまとめようかしら。
これが決め手となった品でもありまして、メディちゃんのアクリルプレートキーホルダーです。メディちゃんはメディアマックスさんのお店キャラです。メディちゃんを初めて知ったのは、5月のゲームレジェンドでした。某マリオっぽい恰好のメディちゃんのアクリルプレートを売っていた、とTwitterで知ったためです。Twitterで見て、欲しいと気付いたところで手遅れ。開始30分でなくなったそうで、そもそも5月は開始30分に入れてないし。
ドット絵なのがたまりませんね。古風な表現に、その当時は絶対ないなという描きこみがいいです。これはバッグにつけましょう。千葉界隈でこれがわかる人はまずいないでしょうな。メディアマックスさんは新潟の新発田(しばた)にありまして、まーず千葉じゃわからんですよ。それがまたいい。なんせ私はこういう、企業キャラやご当地キャラ大好きですからね。千葉県民では新発田って読めない人の方が多いと思います。私は、無双で知っていました。上杉家の家臣にいましたので。千葉県民じゃない人に、酒々井ってどう読むよ、って聞くレベルかな。これを一発で読めたら、その人は千葉県民の可能性が高いです。
メディちゃんは、お店主催でイラコンを開催していて、親衛隊もいるようなので、かなり力が入っています。大事なのは、キャラを作ってからですよ。イラコンがまたあったら、私もこっそりやりたいですわ。世間じゃ私が絵描きだってことを知らない人の方が多いからな・・・。ただのミニチュア業者だからな。
あまりゲームに関係するものがなかったので、これを入れてみましたという、エレキ磁石です。うーん、やっぱりこれが何なのかは、このままではよくわかりません。エレキ磁石って、電磁石みたいなもの ? このままでは磁石ではなく、おそらく箱を開けると中に仕掛けがあるようですが、こんな年代物を開けてしまうのは気が引けます。
当時はこうしたファミコンのソフトを模したようなアイテムがけっこうありました。ガチャでたくさんありましたね。ファミコンのカセット型の消しゴムを買っていたのはよく覚えています。そこでなぜか、コナミの新入社員とおる君、なんてのが出てきたとき、こんなのファミコンじゃねぇよと当時思ったものでした。それがSG-1000だったことは、もっと後に知ることです。
これはひとまず FACENAO さんに見てもらおうかと思います。筋金入りナムコファン、コレクターな彼なら、きっと喜ぶに違いないでしょう。譲るかどうかは、ちぃとわかりませんけどね。
ゲーミング家具の広告も入っていました。Twitterで流れてくるので知っています。私の場合、ファミコンのカセットは、昔のカセットテープ入れに入れております。大きさが同じなんです。そのため特に困ってないし、数も100本程度で、ここまで立派なものは今のところ必要ないところです。広告いただいておいて難ですが。レトロゲーマーの割に、私はあまりソフトを持っていません。メガドライブに情熱的なようで、持っているソフトは10本程度かな。そんなだから、収納に案外困ってないのでした。たくさん持っているコレクターなら、こうした家具はあっていいと思います。値段はこんなもので妥当になるでしょうね。国産の手作りで、少数生産、受注が来ると生産のレベルですから、それでこの値段なら納得できます。私はミニチュア家具を作っている手前、普通の家具の値段やら品質にもけっこう詳しいんです。これを高いとか言っていたらわがままですよ。やっぱり業者に特注で作ればこうなりますからね。
CONTROLLERさんの広告。札幌だから、私が使うことはほぼないと思うのですが、なぜか入っていました。ゲームインパクト in 札幌とも関係しているのかもしれません。オリジナルの商品の他、コスパなどの商品も入れているようです。世の中どんなゲーム関連グッズやアパレルが出回っているのかを知るにはちょうどよく、アンテナ的な意味でTwitterでフォローすることにしました。

これの情報を上げて、メディアマックス店長さんとのやり取りもあり、何かの縁になりました。何気にこうして横のつながりを少し作っておくのは重要です。レトロゲーム界隈での横つながりは積極的に作っておきたいところでして、うまーく活用したいところです。商売をしていると、商売人同士はなるべく横に広がっておきたいと考えるようになります。
Twitterでは、やはりやり取りがあるとフォローします。私がTwitterでフォローをあまり入れないのは、TLを追いきれないのが主因です。フォローしても見逃しているのも難だし、責任の負える範囲でやらないといかんでしょう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
Spam書き込み対策のための処置です。ここの管理人の名前をひらがな7文字で答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tampopo.asablo.jp/blog/2017/08/07/8642758/tb