ドールショウも楽ではない2017/08/05 23:57

さて、フェスの情報がひと通り終わったところで、ドールショウの展開を少し考えます。問題となるのはオビツ11の展開なのです。ドールショウに近年足を運び、オビツ11の広がりを見てきました。大きいドール専用のディーラーでも、手軽に作れるオビツ11用の衣装を提供するところも見られるほど、オビツ11は浸透しています。ただし、背景にあるのはオビツろいどではありません。DOLK の Brownie や、Dollce の Mini Sweets Doll などの貢献が大きいです。
オビツ11には頭がありません。そこでドールとしてどう普及をはかっていくのかが問われていたのですが、こうしたドール専門店、専門メーカーが頭をつけて、しかも入れ目というドールを販売し、少しずつ普及していきました。ドールショウで見る多くのオビツ11は、こうした完成品ドールに自作の服を着せているものです。
オビツろいどは、一定のキャラに愛情を持つ人と、ねんどろいどが一般化してきたことによる誕生で、背景には女性ユーザーの増加があります。ねんどろいどの感覚をそのままに、動けるようにして、服も自由に着せられるようにした。あくまで動かしたい衝動の延長線上にあります。オリジナルのドールとして発展しているものとは性格も、支えている人も違うといっていいでしょう。今のドール業界は、完全ドール派と、フィギュアとドールの中間の線をいく人たちに分かれています。我々は中間派です。完全ドール派の人は、やはりドールとしてのオビツ11を求め、メーカー製のドールを求めています。
ここが難しいところで、ドールショウはドール派の人たち多数ですから、せめて男性オビツろいどくらいは出せるけど、女性オビツろいどはやや場違いにも見えるのです。ワンフェスなら、中間派の人が多いイベントだから何とかなるものの、ドールショウで同じようにやってうまくいくとは到底思えません。
また、ドールにお金をつぎ込む人は、結構な額をつぎ込みまして、メーカー製のドールでも気兼ねなく買います。正直高いんですけど、それにお金をかけることが楽しみだから、普通に買っているんですよね。つまり、うちもドールショウへの進出を考えるなら、完成品のオビツ11ドールを買うことは避けられなくなるでしょう。ディスプレイの毛色があります。ドールの色を押し出さずにやっていけば、ワンフェスと同じになり、ドールショウでも来てくれるお客さんが同じになるでしょう。それでは新しい場所に入る意味がありません。ドールショウならではのアピールで、純粋なドール派にも伝える方法を考えないと、注目してもらうのも難しくなると思います。最終手段、首なしオビツ11で勝負することすら考えられます。
もちろん、オビツろいどは使う予定です。ただ、それだけだとあまりに弱く、ドールとして訴える方向性に欠けます。それでやれるとはとても思えません。大きいドールが中心の世界で、小さいドールでも存在感を出せるには、展示の方法も関わります。これが今のところの難題です。服だけ出すのも弱いため、四畳半セットやちゃぶ台くらい出したいところでもあり、ごった煮にならないようどこを押し出すのか、当面課題は山積みです。

コメント

_ ちょっと俯瞰しなはれや な 「そ」 ― 2017/08/07 19:48

( -人-).。せっかく次のワンフェスは辞退したんだからちょっとは体と心を休めなはれ.....毎回毎回言ってますが、自分の手の届く範囲で頑張りなはれや....

_ きしもとまさき ― 2017/08/08 22:27

いやぁ、ドールショウどうすんだオメェという圧力が微妙にありまして・・・。まだワンフェス終わってすぐだし、そこまで頭回らんよというのが正解です。まんず委託の更新もしてこないと休みにならずですよ。どこか休めていません。
おかしい、プラモをゆっくりやるはずではなかったのか・・・。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
Spam書き込み対策のための処置です。ここの管理人の名前をひらがな7文字で答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tampopo.asablo.jp/blog/2017/08/05/8641194/tb