同人の志2017/05/19 23:06

今日はなんと、ステーキGにランチを食べに行ってみました。健康サラダバーというのがありまして、普段はメインの料理にそれがついてきますが、ランチだとそのバーだけを楽しむメニューがあるのです。サラダだけでは食事にならない、と、そんなことはなくて、このバーにはカレーと各種パン類があり、他デザートもスープもあって、しっかり食事をこなせます。死ぬほど押し込めるのが魅力でしょう。時間は3時間あるけど、そこまでいることはないし、十分楽しめます。ここはおすすめですよ。

Game Legend のレポがずいぶん読まれていると思ったら、イベント開催側のひとりがピックアップして意見を述べていたのでした。別に反論とかケチをつけるような内容ではなく、現実の状況に対する難しさを共に理解するような意見でした。私も考えさせられるものがありました。それの意見の終わりに、同人は作らなければ何も始まらないということは書いてほしかったとありました。同人活動しようとする人をもっと励ました方がよかったかもしれません。
同人をやるときの大事なことは、自分でやりたいことがあるから、そのために動くことです。これは間違いありません。しかしその先、その先が本当に大切なんです。誰のために作るのか、ここです。同人やらワンフェスやら、こういうことをたくさんやっていると、ここが大事になってきます。そして、自分がただ作って満足したいだけなら、それは公の場でやらない方がましであることは言っておきましょう。やるなら一人でやって、公の場には出さないことです。最低限、自分のためにやることと、他の人に何かを伝えるためにやることの区別はつけるべきです。それはなぜかというとですね、出すものや評価に対して自己中心的になるからです。世の中、自己中を押し付けられてうれしいと思う人はいませんよ。自分のことしか考えないから、売れないのは周りがわかってくれないだからとか、自分さえわかればそれでいいとか、そうなるなら人に見せる必要はありません。
つまり、同人をやる以上は、自分が作りたい意志と、相手に届けたい意志のふたつが必要なんです。相手に伝えたいことがあるからこそ、わかりやすくする工夫をし、面白くなるよう考え、相手の評価を受け入れられるものです。人の目に触れるから、客観的に物を見つめ、洗練したもの作りを意識します。そういうところには、人が入ってきます。たとえマイナージャンルの同人で戦っても、通りすがる人を説得する武器にもなるのです。その上で結果が出ないなら、工夫が足りないかもしれないし、運が悪いかもしれないし、自分を納得させることができます。決して自己中にはなりません。自分のことだけ考えて作ったものが売れていくと、その人は傲慢になっていくでしょう。自信過剰になっていくでしょう。その分、お金も手に入るでしょう。周りはへつらうようになるでしょう。そんな人も見たことがあります。でも、その人は幸せでしょうかね。周囲を威力で押さえつけるような王様になって、それでいいんですかね。
同人をやる人の多くは、人と心を通わせたいと考えるんじゃないでしょうか。自分の好きなものを他の人と共有したいからこそ、行動を起こす人が多いと思います。そんな思いが自分を向上させるなら、同人をやる意味はあるでしょう。自分を向上させるったって、大変なことですよ。こと、足りない部分をどうやって補うかは、時に行動をあきらめさせることにもなります。なかなか結果につながらなくても、行動を起こしたことに感激する人もいるかもしれません。
何もかもうまくできる人はそうそういないと思います。だから、自分の光る部分をしっかり見つけて、そこを人にどう伝えるかを考える。これは大切なことだと思います。私自身、自分の腕で自分の生活を切り開いているし、みさおか先生のような、同人からプロ漫画家に上がってきた人が周囲にいると、お互いプロとしてあるべき資質をわかっているため、あんまり下手なことは言えません。ただ、みさおか先生もそうですが、少なくとも我々はこうやって腕を上げてきました。それは間違いなく共通で言えることです。自分の好きなことだけやってきたなんて、これっぽっちも思っていませんよ。

私も同人では完全にアマではありますが、量産型マンドラゴラで培ったものを最大限自分の本には反映しています。今のイベント状況の中、自分の意志を相手に伝えるためには、本を売らねばならぬのです。そのためにどうするか、毎度買ってもらえるにはどうするか。ちなみに私は事前の宣伝をあまり重視していません。販売網がたいしてないのに、宣伝しても非力です。そこは当日うまくカバーしていくのですよ。ここ、マンドラゴラ流です。