発光部分基礎2017/05/02 23:11

おでん屋台用の発光部分、基礎が完成しました。
これを木の箱につめて、天井につければ完成します。電池交換できることと、スイッチのあることが前提に作られました。電池ケースがLR44だと市販品を使えて便利です。これがケースから作れとなると、どうしようもありません。配線用のケーブルが少々太かったように思いますが、一度完成してしまえば問題なく、配線中もこれのせいでの苦労はありませんでした。
ここから先の作業は簡単です。単純に箱につめるだけです。今日はここまでで作業を終えました。取り付けてみて、本当にLEDの位置がこの高さでよいものが、やってみる必要があるんですよ。あれこれ考えてきて、ここまでできたなら上出来でしょう。問題は生産性ですな。

コメント

_ 小学生の発想 な 「そ」 ― 2017/05/03 19:57

うーん...てっきり電池が2個入るケースを想像してましたが...スイッチが無くても電池入れれば点灯するのもアリかもと思います。3点式スイッチも勿体無いですね。もっとコストを下げるニダ(# ゚Д゚)ノ

_ きしもとまさき ― 2017/05/04 00:30

市販の電池ケースだと、やはり一個ずつです。最初は電池を入れれば点灯する方式も考えたのですが、電池の保管場所が別途必要になり、手軽さも欠けます。少し面倒でもスイッチを採用しました。実際あると便利です。
スイッチは小ささを優先しており、選択肢がこれしかありませんでした。秋月で買っているので十分安いです。おそらくこれ以上下げようもないような値段です。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
Spam書き込み対策のための処置です。ここの管理人の名前をひらがな7文字で答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tampopo.asablo.jp/blog/2017/05/02/8512151/tb