世界のミクダヨー2017/05/01 23:29

ねんぷちミクダヨー特別版です。
まず、世界のミクダヨーたすきが付いています。手の先の交換パーツが二種類あって、寿司とこの地球です。ただし、乗せているようにつけることはできず、ボールをついているか、念力で地球を引き寄せているかのような持ち方しかできません。いや、あえて狙っているとは思います。
付属パーツがあること以外は、普通のねんぷちダヨーと同じようですが、普通のねんぷちダヨーはどうやって手に入れているのか、私にはわかりませぬ。まさか、シークレットなのか・・・。ま、ねんぷちダヨーが手に入って、また一段格が上がりました。残るはあの、でかい版だけか。

発光部分基礎2017/05/02 23:11

おでん屋台用の発光部分、基礎が完成しました。
これを木の箱につめて、天井につければ完成します。電池交換できることと、スイッチのあることが前提に作られました。電池ケースがLR44だと市販品を使えて便利です。これがケースから作れとなると、どうしようもありません。配線用のケーブルが少々太かったように思いますが、一度完成してしまえば問題なく、配線中もこれのせいでの苦労はありませんでした。
ここから先の作業は簡単です。単純に箱につめるだけです。今日はここまでで作業を終えました。取り付けてみて、本当にLEDの位置がこの高さでよいものが、やってみる必要があるんですよ。あれこれ考えてきて、ここまでできたなら上出来でしょう。問題は生産性ですな。

報告は以後2017/05/03 23:54

おでん屋台の発光ギミックが完成し、取り付けました。細かいレポを書いている時間がありません。明日はドールショウでございまして、今から書いていると寝る時間が減ります。写真もけっこうあって、ドールショウが終わってからの報告にします。おでん屋台には未だに小物の準備がありません。小物も必要なんですよね。やっぱりこれ、組み立てて売るのは無謀ですわ・・・。今回売るにしても、生産数が限られそうです。大掛かりに新商品として企画したゆえ、しっかり売らないといけません。こういう大物ネタじゃなくて、もっと地道なものも考えるべきなのですが、常に新しい挑戦をするということで。

またまたドールショウ浅草2017/05/04 23:41

ドールショウへ行ってきました。場所は前回と同じ浅草です。なんか、つい最近もドールショウで来たような気がします。前回は3月20日でしたから、思えばそんなに間を空けない開催ですな。
前回と同じように、開催時間の少し前に入れるように出ました。浅草へはどうやって行くのかというと、船橋まで出て京成に乗り換えます。地下鉄を使っていくルートが安値でよいけれど、時間がものすごくかかってしまい、少しの差ならこのルートが使えます。
会場到着。浅草には外国人観光客が多いです。今日もそんな様子でした。しかし、その裏ではひっそりドールショウが行われていることを知っている人はあまりいないでしょう。中に入ると、まず7階に回されます。今回は5階から7階までがドールショウで、いつも使っている4階にはミリタリーイベントが開催されていました。客層は明らかに違います。エレベーターに乗るとき、何だか一人でぼそぼそ怒りをあらわにしている謎の女性に遭遇・・・。どうやら、7階に行かねばパンフを買えないことに怒っているようですが、待機列を収容する場所がないことくらい理解してあげましょう。
通常なら4階にAZONEとリカちゃんキャッスルが入り、7階が食事と展示スペースになるところ、7階に全部詰め込んでいました。7階が手狭です。しかも、AZONEへ入るのにもなぜか列が・・・。展開が謎だらけなのは気にしないで、6階から見て回りました。
今回は、10月のドールショウに参加するための最後の下見といういことで、展示から売り方からテーブルの使い方まで、出す側の立場から見学しました。もちろん、毎度そういうことも考えて参加しております。でも、いずれ参加するだろうという見方から、次は確実に参加するとなると、計画を具体的に練るために、よりしっかり印象付けてくる必要があるわけで、買い物目的や、作品の参考目的とは違います。

6階を見終わって、食事をとることにしました。場所は前回も行ったらーめん屋さんです。
今回は待たずに座れました。安い、そしておいしい ! 残念なことに、この店は年内に閉じてしまうかもしれないらしいような話を店の人からちら耳で聞きました。歳できつくなっているけれど、後継ぎがいないから閉めるそうなのです。次のドールショウで来るときに、閉じていたら悲しいです。こんないい店なのに、もったいないとしか言えません。

食事を終えて、5階を見ます。面白いものを発見して、写真を撮ってきました。コスプレするときに使う面です。どういうわけかドールショウで扱っておりまして・・・でも場所から考えると企業スペースだから、個人商店にしても、とにかく専門業者です。
あごが隠れるようにすると目の位置が合わず、眉毛の位置に穴を開ける人も多いそうで。しかし息苦しいのなんの。これは、息がどこかへ抜けるようになっていないと、中が蒸れます。視界は少し狭くなる程度で、そんなに不便はありません。これをかぶれば、顔だけは誰がかぶっても同じになり、おじさんになっても女の子ができます。うーん、私はやらないな。おそらくここでかぶらなければ、二度とかぶれないであろう貴重な経験でした。
5階では前回あいさつした、すのふれっさんのところをまた訪れました。ほか、ねんどろいど移動用のエビフライがまたありまして、そこでなかなかいいですとお話してきました。6階と同じように見ます。じっくり見ると、ほぼ最後まで見ていることになりました。ドールショウはこれで終了です。
浅草寺がすぐ近くですから、飲み物を買って向かいました。最近出た、透明なレモンティーなるものを買ってみたのですが、これはやはり、茶ではありません。何となく茶の香りがするレモン水です。それはさておき、出店ですよ。これも作ってみたい夢があります。構造を調べてみると、至極単純でした。ネタとしてとっておきます。
仲見世は毎度こんなものです。いつもより日本人の割合が多く感じられました。連休があるのは日本人だけですから、外国人観光客に連休は無関係です。日本人だって浅草を見る人はたくさんいますよ。目標は舟和のいもようかんで、そこを目指すのにこの中を通るのは大変なため、わき道を通ります。今日はわき道すら人の多いこと。
浅草を後にして、今日は浅草橋を目指しました。都営浅草線の駅に入ろうと地上を歩いていると、こんな立派な鯉のいる店を発見しました。比較対象物がなく、大きさを伝えきれないのが残念です。60cm くらいあります。心無い人が何かエサを勝手にやったらしく、それで鯉が現在弱っており、治療中だそうです。まさか小銭ではあるまいな・・・。

浅草橋では、アクセサリー関係の材料を買います。ペンダントが品薄になってきており、新たに生産するのです。ほか、見ると面白いものがたくさんあって、ついつい買ってしまいました。ちょっとしたアクセサリーを作りたいと思いました。自分用です。
そのまま歩いてアキバへ向かいました。委託の途中経過を見ます。途中経過を見ておくと、商品計画がやりやすいのです。またぼちぼち売れていました。ひとりかなり疲れていたため、そこを見て、あみあみSHOPとatreで買い物をして帰ってきました。帰ってきて、ドールショウ参加計画を練るために、Jで食事と作戦会議です。この作戦会議の内容が重要なので、それはまた書くつもりです。

ドールショウへ行くと、大きいドールいいなぁと思ってしまいます。小さいものより圧倒的に自由度が高く、しかも存在感もあり、ホビーとしての魅力はたっぷりです。これを始めてしまったら、やめる理由が見つからないほど楽しそうです。おそらく服作りとか始めます。家具とか小物とかも作っちゃいます。今更ワンフェスで業種を入れ替えることもできません。やりたいけれど、手を出さずで我慢します。