閃乱カグラ2 起動2017/03/27 23:35

閃乱カグラ2を以前買っておきまして、その後放置で一度もやっておりませんでしたが、今日やっと遊んでみました。最近やったゲームの中では、比較的分析しやすいゲームで、やりながらコツやゲームの特徴を分析しつつ、効率のいい動きをはかっております。あまりゲームはやりこまないつもりでいたのに、これは私にはツボでした。基本的な動きやボタン操作が無双と極めて近いのが大きいです。
全体的には、無双3のようなよさがあります。攻撃方法も分岐タイプで、これも無双っぽく、何よりボタン配置がほぼ同じなのはよいですよ。やりながらすぐ慣れます。やっていくと、非常に爽快ではあるものの、ちょっと荒削りな部分もあります。最大の難所は、切り返し手段と逆転要素のなさです。戦いは基本ガン攻めにするしかありません。一度不利な状況になると、不利な状況を効果的に返す方法は無く、戦術が単純になりがちなのです。また、回復する方法も少なく、長い戦いをこなしていくのが難しいように思います。今のところあまり進めておらず、長い戦いには出会っていませんが、長丁場でダメージが蓄積したとき、回復物資を置いておくしか方法はありません。それにしては戦場探索型でなく、どっちづかずです。
アクションがよくできているだけに、プレイ方法の多様性のなさが、逆にものすごく目立ちます。無双も基本はガン攻めです。でも、時に逃げたり、時に無双奥義皆伝で大軍に立ち向かい、戦場の中に自分の居場所を作るため、多彩な選択肢から攻撃を組み立てます。あまりに強い相手には、守りながら戦い、もし押されても無双で切り返し、少しずつ相手を削っていく戦いです。攻め、逃げ、防御の組み立てをいかに行うか、それを支えるアクションのよさが無双の魅力なのです。
閃乱カグラ2には防御が無く、殴り合いになるとお互いの攻撃が入ってしまい、攻守切り替えがありません。スキを見て攻撃した側に優位がないと、逃げからの攻撃組み立ての有効性が低く、こうなったら、押された方が押された時点で負けなのです。これがあまりにお粗末で、最初のボス相手にほとんどの人が勝機を見出せないでしょう。始めは理不尽のように思えますが、ガン攻めで組み立てると楽に勝てます。忍術を制限無く使用できる代わりに体力が減り続ける「命懸」を発動し、忍術、倒れた相手を通常攻撃で追撃したところにまた忍術と、ひたすら押し込みます。つまり、このゲームでもっともリスクの高い状態を利用することをスパルタで仕込まれます。この方法もハメではなくて、術によっては相手と距離が離れるものもあり、マップの位置ではうまくいかないこともあります。その辺はしっかりしています。ただ、最後は全部それかよ、になってしまうのがマイナスなのです。

アクションが苦手で、ゲームも直感で進む人にはさほど気にならないでしょう。でも、アクションを事細かに分析してしまう私にとっては、いいところと悪いところの差がすぐ見えてきてしまい、楽しい一方、かなり割り切らないといけないところもあります。まぁ、このゲームはガチアクション派より、ライトユーザー狙っているところはあると思うんで、そういう作りなんでしょう。