三越 最後の食事を2017/03/16 22:15

千葉三越が閉店になると決まったのは、たしか昨年のことだったでしょう。三越グループの中で、売り上げの悪い店舗の淘汰をするということで、千葉がその槍玉に上がったのでした。
三越グループにとっては、千葉はひとつの店舗でしょう。しかし、千葉で育ち、千葉で生活してきたものにとっては、千葉に三越があるのはあたりまえのことで、意識はされないけれど、名物みたいなものです。そごうは場所を移動しましたが、三越は同じ場所でずっと続けてきました。三越もいずれ店舗を新しくするのではないかと、長く千葉に住んでいる者なら、そんなことを一度は思ったことがあるでしょう。それくらい、その存在は当たり前だったのです。
私が生まれてしばらくは、ニューナラヤで、三越ではありませんでした。本質的には百貨店で、大きくは変わりませんが、ニューナラヤの名前でやっていたころも覚えています。こういうものは大抵、名前が変わってもしばらく昔の名前で呼ぶクセは抜けないもので、よく祖母がその名で呼んでいました。

半永久的に、普通にあるものだと思われてきた三越ですが、このたび3月20日で閉店を迎えます。閉店前にせめてじっくりみたいのと、私はそこで食事が、しかもひとりではなく、母を入れて食事をしたかったので、以前より話をしていました。残された日が少なくなり、連休でごった返す前に行くには、今日がちょうどよい日となりました。
写真はやや夕方めいておりますが、見終わった帰り際に撮ったせいです。お昼前には入りました。いやぁ、しかし人が多いです。売り出し場が店内のあちこちに用意され、人々が群がっていました。2階に行くと、バッグの売り場が盛り上がっています。いいものがけっこう安い値段で転がっていました。他にも、普通の売り場に見えて、閉店セール価格の商品がたくさんあります。
記念でいくつか高い買い物をしましたが、今日はそのことは置いておきましょう、何よりの目的はこちらだったのです。
三越でお昼をとることでした。三越は地下二階まであり、地下二階にレストラン街があります。なぜか花屋もあります。この地下二階には、本当によく食べに来ました。
ものすごく深いところまで話が潜りますと、私がなぜ千葉県民なのか、ということになります。これは、祖母が千葉生まれの千葉育ち、しかも千葉県というくくりではなく、千葉市民だからです。祖母は結婚してから 転勤族となりました。母は結婚するまでの間に7回の転勤によりあちこち移動し、時に千葉県民でしたが、自称は長野県民です。祖母の実家が千葉にあったため、転勤族が終わるころ、母も千葉に落ち着きました。で、うちの父は群馬出身ですが、そのころ職場が千葉だったため、結婚したころは千葉市に住んでいました。祖母は茨城の取手に家を買いました。取手は利根川に面しており、対面は千葉県です。取手だった理由はよくわかりませんが、祖父は宇都宮だったため、宇都宮に戻るのにもあまり遠くなく、なおかつ祖母の実家とも遠くない、さらに職場にも通えるちょうどよい場所を選んだと思います。
こうして私は千葉市生まれの千葉県民としてスタートしたのでした。あのですね、私はベビーカーに乗っているころからの記憶が消えてない人間でして、ベビーカーではよく近くのYacsに日ごろの買い物に行って、べピーカーからでも道順がわかるほどなんです。そんなころからよく千葉市街へ遊びに連れて行かれました。歩けるようになってからもよく行きました。今でも千葉市街の土地勘があるのは、このころから知っているからです。駅前の景色は大きく変わりましたけどね、今でも記憶があります。
幼稚園児になるころ、千葉県の佐原に引っ越しました。この時期から私のデパート人生が始まります。まず、祖母と待ち合わせて千葉へはよく行きました。そごうも今とは違う場所で、今のYカメのあるビル、塚本ビルがそごうで、三越へもよく行きました。祖母とはよく柏にも行って、柏ではそごうでした。地理的には祖母には柏が近いのですが、祖母の実家は千葉市にある関係で、そちらに顔を出すこともあり、千葉は私にとって、たまにいけるデパートの楽しみでした。クリスマスプレゼントを選ぶときは、必ず柏か千葉でした。デパ地下も楽しみです。祖母がよくお菓子を買ってくれるのです。デパ地下にあるお菓子のお店は、だいたいこのころ覚えました。高くても祖母は買ってくれました。そうそうしょっちゅうある贅沢ではなく、たまにの贅沢で、孫にはいいものを買ってくれたのです。
それとは別に、姉が歯列矯正をするため、千葉の東京歯科大病院に通わなければなりませんでした。その帰りにもよく千葉市街へ寄っていくのが普通でした。そして、三越の地下で食事をするのです。そごうでも食べたけれど、三越の地下もよく食べました。祖母が一緒のときも食べました。
こうしたデパート通いは、私が高校の時まで続きました。祖父がなくなり、祖母の年金暮らしが始まってから、祖母も昔ほど羽振りがよくなくなって、郊外のスーパー型生活になり、むしろ今度は安いものを探すのが面白いというタイプになってしまいます・・・。私が高校生の頃は、母と姉と、土曜日に待ち合わせをして、デパート通いを楽しんでいました。その頃は、三越で食事をとることはなくなってしまったんですけれど、そごうでよく食べました。

三越の建物は昔と変わりませんので、中に入っている店が変わっても、当時の様子は残しています。今になって、ちょっと三越の地下二階を懐かしくてのぞくことがよくありまして、いつかまた、ここで食事をしたいと、長々思っていたのです。昔と変わらぬ様子は、いろんなことを思い出させてくれました。だから、あらためてここで食事できることは、また新しい思い出になると思いました。
三越閉店となれば、もう機会は残されていません。ここに来て、昔を偲ぶこともできません。今日は思い出を総括すべく、閉店セールを見ながら、食事をすること。これが何よりの目的でした。店は和幸にしました。通っていた当時にはありませんが、何より、また地下二階で食べることに意味がありました。

存在していると気にもかけないのに、なくなるとなれば、やっぱりさびしいんです。今日はあまりに多くの感覚が交錯しました。懐かしさ、さびしさ、祭り気分・・・語りつくせません。でも、この大事な食事ができて、何よりこれに変わるものはないです。こうやって育ってきましたからね。今もその線上にいるんですよ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
Spam書き込み対策のための処置です。ここの管理人の名前をひらがな7文字で答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tampopo.asablo.jp/blog/2017/03/16/8407802/tb