理想的に仕事をする2017/03/11 23:01

そうですなぁ、3.11となれば思い出すことがたくさんあります。この辺では普通の大地震だったわけですが、電気は止まる、家中めちゃめちゃと、今まで味わったことのないほどの地震でした。私があえて何か言うほどでもないでしょう。しかし、今に続くこの製作は、地震によりワンフェスの版権申請が止まったからで、私は地震が起きてから新たなチャンスをつかんだのでした。人生何が起こるかわかりません。
そしてこれ。まずは基本オイルで、研磨は行いません。40枚入りました。これはあみあみ様出荷用です。板が一枚割れていて、これは直せるのかどうか、微妙なところです。無理なら買ってくるしかないでしょう。板の状態では割れていることに気付きませんでした。オイルが入ると、ちょうど段差がわかるようになり、割れ目が見えます。一度オイルをかけたなら、隙間に接着剤を流し込んでも大丈夫ですので、やってはみるけど、ちょっと割れ目が長く、難しいかな・・・。まずは乾燥を待ちます。
小物はおむすびの製作を始めました。こうした小物は、大きさをだいたい同じにしますが、それをどうやっているのかというと、ポリキャップを小さな計量カップ代わりに使い、定量の粘土を取り出すのです。作るものによって使用するポリキャップも違い、たくさんあるとつい忘れますから、ちゃんとノートに書いて残しております。小さいポリキャップを使うほど誤差が大きくなるため、取り出すときになるべくきっちり計量します。水気が少ないとキャップから粘土が外れず、水分量も重要です。ほとんどの小物はこうして計量しており、計るのも慣れです。

他、今日はデジカメの画像をPCに移し、不要なものを消す作業を行いました。この一年以上やっておらず、必要な写真のバックアップがない状態でした。というのも、最近は NotePC を使っており、一方で写真は主力PCに入れていて、主力PCを使わない手前、データの整理がついていなかったのです。写真のデータは NotePC にもコピーして持ってこないと不便になってきました。過去写真を Twitter でも使えそうな予感がします。

仕事もやりつつ、他にやるべきものを少しでも進められれば理想です。毎日がこういければなお理想だけど、なかなか・・・。