心を詰める2016/10/01 23:28

あみあみ様向け出荷作業が大詰めを迎えております。すべての商品を詰め込み、必要書類を揃え、残るは発送のみとなりました。詰め込むのもそうすぐに終わるものではなくて、けっこう時間のかかる仕事なのです。
詰め込まれるみかんたち。みかんはかごに入れた状態で出荷しますが、輸送状態によってはかごから逃げている可能性もあります。できれば、見た目でこの印象を維持しておきたいところです。みかんは時間をかけて作ってきましたから、こうして出荷を迎えると、安心感というか、いいですね。
ちゃぶ台もいつものように詰め込まれます。ワンフェスではちゃぶ台のみが普通入っていますが、あみあみ様にはざぶとんとみかん、みかんかごまでセットですので、やり方が少し違います。委託で出しているものと同じです。
ざぶとんは、ワンフェスだと自由に組み合わせて選べますが、あみあみ様では固定です。ちゃぶ台の色に合わせて同柄が二枚付属します。いつものちゃぶ台セットにみかんがついているのがあみあみ様限定商品ですが、種類が選べないというだけで売り方ががだいぶ違うものです。生地も同じものがたくさん必要になるため、何かの余り布から少しだけとってざぶとんを作ることもできません。ここが今までと一番違うところでしょうか。
こたつに使ったりざぶとんに使ったり、一種類の生地がいくつもの商品になるのがうちの流儀ですが、同じ柄でたくさん作ることは、この仕事ができて初めての事態でした。そりゃ普通だよと思えるようで、大変なことなのです。何より、材料のそろえ方が変わります。生地というのは、よほど基本的なものでない限り再生産がなかなかないため、必要になったからまたそれを買うということが、短い期間ならばできても、時間が開くとできなくなります。じゃあ、ちゃぶ台セットがもし再販されることがあった場合、同じ柄のざぶとんを提供できるのか、再販はありうるのか、それ以前に売れるのかといった、材料をどこまで買っておけばよいか、先行投資の問題になります。それはふとんも同じことで、売れ行きがわからない難しさを伴います。
と、こちらには難しい問題もありますが、こうしてまず出荷できることが大切です。出さないことには売れないし、売れるかどうかの判断もつきません。ひとつの欠点は、うちの売値で売れないことです。仕方のないことですが、あみあみ様での上乗せがあり、うちもこれ以上下げるのは正直厳しいので、売値はワンフェスより上がり、お買い得感は損なわれます。それでも、おそらく2000円出しても損はしない価値観で作っているつもりなので、十分がんばってくれるでしょう。そもそも、ワンフェスに来る人はうちで買っていますから、これはワンフェスに来られない人相手の商売だと割り切るべきですな。

まぁ、ここまで終わって一安心です。あと郵送だけなら、面倒な手間もありません。よくがんばりました。次もこの調子でいかないとね。

晴れれば外2016/10/02 23:51

久々の外仕事です。天気が雨が多かったり、先にあみあみ様への出荷物があったりで、外仕事がかなり減っておりましたが、ちゃぶ台もなくなったことですし、またまた復活しそうです。その前にまず木を買ってこなくてはなりませぬ。
外仕事、四畳半の床用の木枠作りです。以前も委託に間に合わせるため作りましたが、全部作れませんでした。今日は残りの8個を仕上げます。作業写真が前と同じでは面白くないと思い、機械の調整の写真を撮ってみました。このように、45度を強烈に出せるステンレス定規を使い、面を合わせます。分度器のように角度が振ってありますが、目視では精度が要求されるものに不十分です。この定規を使えば間違いないでしょう。
木は以前まとめて切ってしまいました。ちゃぶ台を切るために、木を切る道具が必要で、新しく目盛り合わせが必要でした。せっかく木枠用の位置に合わせてあったものを一度ずらしてからまた戻すのも嫌だったため、目盛り位置を変える前に切っておきました。最初から全部切って作業しても良いのですが、仕事が単調にならぬよう、そうしておりません。今回は割り切りです。木目が大きくずれては困ります。同じ木同士で束ねておきます。ゴムの跡も残らぬよう、紙を挟む気の使いよう。これ、短期間でも輪ゴムでとめておくと、オイルとの親和性がよく、ゴムが融合する可能性があります。切ってから次の作業日までどれくらい開くかわからず、こうしておきました。

なんとか17時には作業が終了しまして、これで前回分と合わせて1ロットができました。委託にも出していますが、委託がワンフェスまでにいくつ売れるか次第によっては、また作り足す可能性もあります。
どうでもいいことですが、夕食は大戸屋でした。かきフライが品切れという予想外の事態、さらに、きゅうりも品切れという、なんという繁盛振り。私の頼んだものはきゅうりがなくて、ブロッコリーに変更されていました。うーん、悪くないけど、ちょっと残念だったかな。これにきゅうりだからよかったのに。
YAOKO でいいお菓子を見つけて買いました。ネタにとっておきます。

珍しくバーミヤン2016/10/03 23:47

あみあみ様の荷物を無事に送り出してきました。朝起きて体調がとても悪く、結局午後に出しましたが、明日には届きます。ちょうど今日病院の日でしたので、病院ついでで出してきました。今後もまた出していくのですが、大仕事がひとつ終わり、やっと安心できます。今日は終わった記念で、バーミヤンに来ています。いつもならJかGですが、なぜかバーミヤンです。実はバーミヤンの広告が入っておりまして、クーポンがあるのと、ぷよぷよクエストとのコラボメニューがあったのでやってきました。
まぁなんと、カメラの電池を充電したままでカメラだけ持ってきてしまい、せっかくの記念撮影ができませんでした。しかし、ぷよクエアンニンと名乗るそのメニュー、かなりいいですよ。ぷよぷよっぽいぷちぷちした、いくらのようなゼリーが特徴です。旗がささっていて、これもかわいくてよいです。記念のステッカーももらえました。
天気が今日は悪くて、雨がけっこう降っており、お客の出足が悪いです。てか、今私一人しかいません。たまに平日のGの夜でも一人になることがありますが、そりゃけっこう遅くになってからなのに、今日のバーミヤンは客少ない、少なすぎでしょう。ランチの方が平日は需要あるんでしょうね。経験上、ファミレスというのは平日は昼、休日は夜が混雑します。もうこの時間じゃ誰も来ないだろうな・・・。気まずいのでそろそろ引き上げるつもりです。

大きな仕事を終えた後、むしろこれからが重要になってきます。でも、昨日見たテレビの影響で、気合が入っております。NHKスペシャルで、「神の領域を走る」を見ました。パタゴニア141kmレースに挑む人々、そこに挑んだ日本人の人を追いながらのドキュメントでした。アメリカから参加していた弁護士の人は、参加者最高齢の59歳にも関わらず、見事完走。ただ長いだけでなく、道中があまりに過酷です。道なき原生林、極寒と足場の悪い山の岩場。そこで体力をほとんど使い果たすのに、その先に続く40km以上の一本道。まさに地獄のレースなのに、それを走り抜けるために懸命の努力を続け、走ることを楽しみ、厳しさの中から何かを見出そうとする人達がいました。あまりの過酷さに、極限状態になっても自分に負けず、明るさや希望を捨てない勇気。いや、これは、私はなんてぬるま湯につかっているのだと思いました。
このレースに出るか出ないかは、自分で決められることです。自分で決めたことのため、極限を超える人の努力は、容易に想像できるものではありません。それに比べて、私には夢はあるけれど、いつもちっぽけで、目標もちっぽけです。まぁ、健康問題もあるんですが、それも含めて、どうやって自分を切り盛りするのか、全力で考えてないですよね。これでいいわけありません。
あせっても何も出ませんが、刺激を受けて自分を上方修正することも大切だと思います。

片付けゆったり2016/10/04 23:31

今日はこのところの作業で生活空間もめためたになっていたので、いろいろ整理したり片づけしたりしました。一日中動いていた感じです。あと、どういうわけか日曜日のような気がします。ひと通り終えた後は、買い物に出ました。日常の買い物です。気分転換ですかね。とにかく、環境を少しだけ整備して、またみかん作りでも始めるつもりです。木も今週中に新しく買ってきて、オイルをぼちぼち始めようかと思います。
やることは多かったけど、気持ち的にはゆったり過ごせました。今日はおとなしく終わらせようと思います。たまには何も考えずゆったりしたいです。