FUJIMI式 初音2016/08/01 23:59

今日は服の入れ替えと整理をしました。二年前におなかをやられて動けなくなり、服の入れ替えもできなくなりました。今年の初めには足もやられていて、やっとこの夏、ほぼ二年ぶりの入れ替えです。これでやっと、着る服がない状態から脱することができました。しかし整理は不完全で、もうちょい入らないものを整理しなければなりません。他に整理するところがたくさんあるため、まずはこんなものでよいでしょう。机周りもやらないとピンチです。

そんなことで体力を使い果たし、結局プラモです。III号突撃砲はちゃんと出来上がるのか、いろんな疑問がわいてきますが、作らないことには進みません。今日の課題はここ。これが終われば本体塗装に入れます。
本体の部分で一箇所だけ改造を入れると決めていた場所がここです。箱の絵だと溶接跡があり、さらに鉄板をもう一枚貼り付けてありますが、キットはここが普通に作られて省略されています。せっかくならと、絵のように鉄板をプラ板で貼り足して、絵で確認できる箇所に溶接跡を 加えました。何となくそれっぽく見えるでしょう。スモークディスチャージャーのパイプがちょこっと切れていますが、その加工はやめようかと思います。また、中に人間を入れることになっていますが、人間の加工は最後です。
この状態にして、本来なら組み立ててから塗装をするらしいですが、塗れない部分が出てくるのにすごいことやるなと思うので、パーツごとに分けて塗装してから組み立て、それからグラデ塗装にします。組み立てでは、本体と土台部分をネジで結合し、その上からフタをしますが、そのフタだけは接着できません。また、部品ごとの塗装も二回に分けることにします。多すぎるのと、細かすぎるのはなくす可能性もあり、塗装してすぐ接着することがよいと思われます。注意を払うために分けることにしました。慣れているならそんなことはしないでしょうが、私は初心者ですので、時間がかかってもまずは確実にやっていく道を選びます。本当にこれ自力でできるんかなとすら思うわけで、地道に行くことにしました。
本日はもう一個、プラモの仮組みをしました。こんなにプラモばっかりしょうがないほどありますが、ワンフェスのFUJIMIで安く売っていたため、以前から欲しかったので買いました。FUJIMI式初音ミクです。売りによると、スナップフィットで初心者にも易しい作りなようですが・・・。
部品数はこういうものの割にとても少なく、合わせ目だけ何とかすれば塗装までも簡単に仕上がる良作です。ただ問題は、パーツの合わせがあまりに固いこと固いこと。部品をきっちり入れると「パチン」って音がします。スナップフィットが固すぎて、力を入れないと入らないからです。入れると二度と取れなくなりそうな感じもして、ピンをひたすら切っていました。すべてのピンをいちいち切るため、ものすごい手間がかかります。最後の方は、ピンバイスで穴を少し緩めることもしました。
関節も恐ろしく固く、最初にひじを入れたときに抜けなくなり、仮組みなのに分解できなくなります。そこで、関節には油を差すことにしました。プラモに油を差すってどんなですかと思いますが、軸が折れるよりマシです。頭のパーツは奥まで入れると分解不能になりそうな固さがあって、そこは途中で止めておきました。いずれこれは、やすりで調整しないと入らないでしょう。髪のボールジョイントまで油を差します。腰のボールジョイントが抜けなくなり、これは胴体を分解して油を差しました。その割に首はぐらぐらで、でもボールを大きくすると抜けなくなること確実です。受け側で調整しないと首が据わりません。
いろいろがんばっていることは認めますが、スナップフィットのプラモとしてはトンデモなものかもしれません。その、スナップフィットの調整がうまくできていないという意味で。他の会社から比較すると、圧倒的なノウハウの足りなさが出ています。関節の固さもそうです。このキットがシリーズ化されなかったのは、おそらくFUJIMIが面倒だと感じたからではないでしょうか。造形はよく、パーツ構成もいいのですが、非常に残念です。最後に合わせ目処理するときは、ピンの穴を拡張してからやろうと思います。合わせ目はパーツがきつい状態でやると、しっかり合わさらないことがあるんですよ。

今後の付き合い2016/08/02 23:35

ああ、好きなようにゲームをする時間すら惜しいこのごろです。あみあみ様との仕事形態について話し合いまして、今後のスタイルが決まりました。向こうとしては、継続的に物が手に入る状態、在庫が常にある状態にするのが望ましいと考えており、注文されたものを作るシステムではなく、こちらから作る商品の計画を出して、こちらのペースで作るという方向で固まりました。だいたい一ヶ月から二ヶ月に一度の割合で新商品なり再販品を入れることになります。私の健康状態や、作るものによって時間のかかり方が違うことを考慮しての方法となりました。また、多少数を減らしても、定期的に仕上げられることを重視します。いずれそれほど大量には作れません。
こうして、常に仕事があり、常に物が売れる状況がひとつ出来上がりました。ワンフェスでは半年に一度のまとめ売りですが、それとは違います。こうしたあみあみ様生産分と、委託販売用のもの含めながら作っていき、少しずつでも確実に売れるようにします。
加えてこれにワンフェス分も生産していくとなると、かなり工夫が必要です。自分の体をこの中でどのようにもたせるのか、健康状態に関する問題はやってみてですが、つまり修羅場のような勢いを常に維持して、目標と目的意識を高く持った生活をしていくことですな。やりきれるかはわからないけれど、現状できることをよく考えて行動しようと思います。

今度のあみあみ様での販売物は、ちゃぶ台セットがいよいよ登場します。みかんを作るのが地獄に思えますが、それは我慢です。今更ですが、ちゃぶ台が始めて登場したときを振り返ってみれば、よくこんなノリで始めたものが全国流通にまできたものだと思います。どれだけ体が悪い状態になっても、あきらめずによく続けてきたものです。結局、失うものがなかったから、他にやる方法がなかったからです。がけっぷち人生、少しは挽回できたかな。

考える手が足りない2016/08/03 23:59

ああ、やっぱり調子のさえない日は出てきますね。今日は作業中に限界を感じて休みました。今はGに来て考え事をしています。単純に動けばよいこともたくさんありますが、やっぱり考えないと動けないこともたくさんあります。正直言うと、手が足りないくらいです。三点張り、ワンフェス、委託、あみあみ様の状況でどう物を作っていくのか。今までのものを再生産していくには、何となくでも進めていけます。問題は新商品。部屋作りに必要なものを考えると、何より外せないのはソファですが、生地張りのソファはそう簡単ではありません。まぁ、できないことはないんですよ。ただ、生産性と仕上がりの良さを考えると、生産性の面で大きく問題があります。昔作っていた和紙のソファでもいいのかなと思いますが。個人的に和紙のソファはものすごく好きでした。質感が部屋と合うかなというのが問題になるでしょう。
この際だからテレビまで作ってしまうかと思ってしまいます。テレビがあると、テレビ台も置けるし、家具のバリエーションに面白みができます。テレビをどうやって作るかですね。自分用にひとつ作るなら簡単ですけど、量産となると考えます。仮にレジンで抜いたとした場合、しっかりパーツが合うのか疑問が残ります。いよいよレジン製品も登場なのかと思いますが。うちでレジンを使って作ったのは、フィギュアディーラー時代は別として、落花生ストラップだけです。だいたい、テレビそのものがうちの領分から外れている気がします。でも、他のディーラーにまとめて作ってもらって買い取るほどの勇気もありません。それなら自分で作ります。売るためには手段を選んでいられないんですが、そこまでいけるかどうか。
ワンフェスが終わってすぐの時期は、新しいものを考えるのに適しています。時間があるからです。しかし、生産計画まで考えるとなると、考えることが多すぎます。ちなみに9月にはあみあみ様にてちゃぶ台セットの販売にこぎつけようと思いますが、同時に少し、四畳半の床と壁セットも売りたくなりました。なぜか。四畳半セットはロットが16です。ワンフェスで16出すのは少ないような多いような・・・。でもそれより出すと32になります。それは多いと思われるので、あみあみ様や委託にまわして調整する作戦です。畳も売りますが、四畳半いきなり出しても家具があるならいいんじゃないと思います。あみあみ様から出すとなると、こちらでの売値が畳を入れて3500円のため、5000円近くになるのかな ?? 高いなぁ、大丈夫なのか ?? それじゃあ、あみあみ様限定で掛け軸でもつけますか。そういえば、鉄板入りタイプの床は今度用意できるのかな。そろそろ電話して鉄板のチェックをしないといけませんの。ちょうどよい多きさの鉄板が入っていれば作れますが、なかった場合どうしよう・・・。実は最大の課題は、組み立て式和室でもあります。あぅあぅ。
とか考えていると、いつまでたっても考える仕事が終わりません。ちなみに今は畳のための板を切っています。天気が悪く、オイルができません。

地獄のオイル2016/08/04 23:15

いかんです、すっかり眠いです。しかし、これくらいの暑さでもオイルの仕事は地獄のようでした。もうちょい年をとってきたら、こんな重労働やれんなとか思いつつ、必要だからがんばりますよ。でも、暑い中での肉体労働ですので、もはやどうしようもできません。ひとまずちゃぶ台。ああ、ああ、もういい加減にしてほしいでごんす。
オイルが終わるころに雨が降ってきて、まさに危機一髪でした。それから買い物です。木の買い出し、MDFとオイル、最後に塗料です。四畳半の床と壁セットを早々あみあみ様で取り扱いできないものかと自分の中で打診が入ってきました。高いためにそう簡単に売れる感じはしませんが、買う人はいるはずです。もしくは値段を下げるかですね。下げるなら200円。あまり意味ないか。
今日は一日動き回って疲れました。眠いのでこのあたりで引き上げます。