手先以外に日課がある2016/07/11 23:05

今日は印西へ祖母の様子見と買い物でした。かつて冬のワンフェスの修羅場で祖母のところへずっといかなかった時、ワンフェスが終わってすぐに脳梗塞を起こして入院し、それから声が出なくなり、会話もできず、食事が自力でできなくなりました。どれだけ忙しくても、やっぱり定期的に顔を出さないと、何かがあったときに後悔します。定期的に見ていれば、突然のことでも仕方ないと思えますが、忙しさにかまけて慢心していると、後悔するだけです。どれだけ忙しかろうが、人間には仕事とは別の生活面があり、それを大事にすることが私の信条なのです。
が、やっぱりそうもゆっくりはしていられません。印西へ行ったら大事な買い物です。これを済ませば、床と壁のセットに必要なものがそろいます。明日更に買い足す材料ですべてそろい、生産する予定のこたつの材料もそろいます。こたつはそれなりに作ってあって、足りない材料を足します。これはあみあみ様対応のために作っていました。手間のかかる天板は作ってあり、台座は柿渋のため、塗りがすぐ終わります。この季節なら、その日のうちに塗って切ることもできます。

と、買い物をいろいろ済ませ、お昼も途中でとりました。いつものカレーです。最近、豆カレーを食べようと決めていたので、やっとありつけました。ハイチュウを出してくれるじゃんけんマシンに勝負を挑むつもりでしたが、その前に運勢を見ると、凶でした。終わりです。こういう日に勝負するべきではありません。
そして八千代へ向かいました。髪を切るのに付き合うためです。私だけ帰ってもいいんですが、遠回りですので、どうせ一時間程度待っているのは問題ありません。
待ち時間の間、やちかんへ行ったら、長らく探していたものを発見しました。しかも値段もかなり手ごろです。迷わずこれは確保。一時間くらいいましたが、他に面白いものも見つけつつ、まぁ、余計な買い物はしないでおきましょう。
やちかんを終えて待ち合わせの大和田図書館駐車場にいても、いっこうに現れないぞ・・・なに、まだ終わってないぞな・・・待ちました、さらに一時間くらい。幸いDSを持っていましたので、それで遊んで時間をつぶしました。時は19時過ぎでしたから、気温も落ち着いて、夜風に当たりながらさほどつらい待ち時間ではありませんでした。

遅くなったので、夕食はJです。明日もJなんですが、たまには予定がずれることもあります。ワンフェス直前の時期に一日買い物に出てしまうのは時間をロスしているようで、必要なことでもあるし、祖母に会うこともまた、かつての失敗を繰り返さないための重要な日課です。こうしたことも含めて動かないと、気持ちがまわらなくなります。手先だけに集中していてはいけないのです。