極小おしゃれ腕時計2015/10/22 23:44

かなり前にこちらでちら見せしたことありますが、未完成ながらも形にはなっているので紹介しようと思います。今日は病院と買い物でして、夜は G にこもって設計をしていました。いすに対する机を作るためです。
今日ふと見て、あ、そういえばこれをつけていたんだと思い出しました。ついてっきり、私の神姫が普段つけている、うでわだと思っていたんですが、よく見ると時計でした。ガラスで包まれている感じを出すための樹脂入れが足りていませんが、まずまず雰囲気はつかめました。小さいものを超拡大しているので、加工の傷が目立ちやすくて困りますが、針が 0.3mm を使っているサイズですので、ほぼワンポイントおしゃれと考えてかまわないでしょう。
神姫の手首に入れるとこうなります。大きさが微妙で、固定させようとするなら、やはりスペーサーと同じ感覚で入れないとダメです。でもこれ以上径を大きくすると、逆にスカスカします。
こちらは figma の手首を使った場合です。正式には、figma の手首を神姫にはめている状態です。球体が出てくることで、そこにうまくおさまってくれます。おそらく figma にはすべて同様にすっぽりいくと思います。デザイン的には女性用の時計の意識しました。
腕時計を意識して装着イメージを見るとこうなります。全体を見てしまえば、ほぼ気付かないレベルです。人間サイズなら時計は見えるものですが、神姫サイズではほんのおしゃれ、極小おしゃれです。さて、これ量産しようかってところですが、今とのころ保留にしておきます。売れば売れるかもしれないけど、どうなんでしょうか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
Spam書き込み対策のための処置です。ここの管理人の名前をひらがな7文字で答えてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tampopo.asablo.jp/blog/2015/10/22/7864019/tb